【J1注目プレビュー|第13節:鹿島vs札幌】完敗を払拭したい首位・鹿島、札幌は6戦連続クリーンシートへ

【J1注目プレビュー|第13節:鹿島vs札幌】完敗を払拭したい首位・鹿島、札幌は6戦連続クリーンシートへ

  • 超ワールドサッカー
  • 更新日:2022/05/14
No image

【明治安田生命J1リーグ第13節】

2022年5月14日(土)

15:00キックオフ

鹿島アントラーズ(1位/25pt) vs 北海道コンサドーレ札幌(9位/17pt)

[県立カシマサッカースタジアム]

【動画】編集部が選ぶ2010年代ベストゴール3

◆ピッチ上での判断がカギ【鹿島アントラーズ】

首位に立ち、3連勝を目指して臨んだ前節のアウェイでのサンフレッチェ広島戦では、3-0の完敗。今季最悪の出来だったと言っても良い試合だった。

特にビルドアップが全くうまくいかず、広島にそこを狙われた形に。これまで積み上げてきたものをさらに昇華させる必要があることを感じたはずだ。

CBからの攻撃の組み立てが求められている中、相手の出方によってはピッチ上での修正が必要。前線に当てるのか、サイドに開くのか、ボランチが下りてくるのか、全体的に押し上げるのかだ。

相手はマンツーマンディフェンスを体得している札幌。パスの受け手へのプレス、出し手へのプレスはお手の物。判断をしっかりしなければ、波に飲み込まれて連敗もあり得るだけに、しっかりと戦いたい。

★予想スタメン[4-2-3-1]

GK:クォン・スンテ

DF:常本佳吾、関川郁万、三竿健斗、安西幸輝

MF:ディエゴ・ピトゥカ、樋口雄太

MF:和泉竜司、ファン・アラーノ、アルトゥール・カイキ

FW:上田綺世

監督:レネ・ヴァイラー

◆最後まで押し込み続けられるか【北海道コンサドーレ札幌】

前節はホームに京都サンガF.C.を迎え、1-0で勝利を収めた札幌。これで5試合無敗を継続した。

今季はここまでわずか1敗と安定した戦いを見せている。開幕から6連続ドローと勝ち切れなさも目についたが、ここ5試合は連続クリーンシートとさらに精度を上げている。

マンツーマンディフェンスがしっかりと機能し、相手からボールを奪えば、そのままゴールに向かうというアグレッシブな攻撃スタイルは継続。それもあり、守備では無失点、ゴールも奪えているという状況だ。

リードしていても守ることはなく、しっかりと攻め続けて相手を押し込むという戦い方。見るものが一番熱狂できるスタイルで結果を残しつつある。この首位との戦いは、さらに力試しとなるだろう。

★予想スタメン[3-4-2-1]

GK:菅野孝憲

DF:田中駿汰、宮澤裕樹、福森晃斗

MF:ルーカス・フェルナンデス、荒野拓馬、高嶺朋樹、菅大輝

MF:金子拓郎、駒井善成

FW:ガブリエル・シャビエル

監督:ミハイロ・ペトロヴィッチ

7日間無料トライアル実施中!『ブンデスリーガLIVEアプリ』
>詳しくはこちら

(C) CWS Brains, LTD.

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加