マイナポイントの申請期限「2022年12月末」に延長が決定

マイナポイントの申請期限「2022年12月末」に延長が決定

  • LIMO
  • 更新日:2022/09/26
No image

総務省は2022年9月20日、マイナポイント第2弾の対象となるマイナンバーカードの申請期限について、「2022年9月末」から「2022年12月末」としたことを公表しました。

寺田稔総務大臣が同日の閣議後会見で明らかにしました。

マイナポイントの申込件数2000万件を突破

総務省によると、マイナポイント第2弾は6月30日から本格的にスタートし、ポイントの申込件数が2000万件。

また、マイナンバーカード自体の申請件数も1日当たり21万件を超えています。

マイナポイント第2弾の申請期限延長の背景について、寺田総務大臣は新たな診療報酬の引き下げの仕組みや10月後半からの自治体マイナポイント事業など、各省庁や自治体でマイナンバーカードの利活用の拡大などを踏まえたとしています。

そのうえで「各省庁、自治体の取組などと連携をしながら、更なる申請の促進に取り組んでいきたい」と述べています。

【表】マイナンバーカードはどのぐらい普及しているか?画像で見る!(出所:総務省)

今さら聞けないマイナポイント第2弾をおさらい

政府は、マイナンバーカードの普及率向上のために、「マイナポイント第2弾」を推し進めています。そこで、そもそもマイナポイント第2弾を知らない人のために、マイナポイント第2弾の概要を見ていきましょう。

マイナポイント第2弾その1. 新規取得等で最大5000円分

2021年12月末までにマイナポイント第1弾に申し込んだ方で、2万円のチャージやお買い物をまだ行っていない場合(最大5000円分までポイント付与を受けていない方)は、2022年1月1日以降も引き続き、上限(5000円相当)までポイントの付与を受けられます。

申込開始日:2022年1月1日

マイナポイント申込期限:2023年2月末まで

マイナポイント第2弾その2. 健康保険証としての利用申込みで7500円相当

マイナンバーカードを健康保険証としての利用申込みをした場合には7500円相当のポイントが付与されます。既に利用申込みを行った方も含まれます。

申込開始日:2022年6月30日

マイナポイント申込期限:2023年2月末

マイナポイント第2弾その3. 公金受取口座の登録で7500円相当

公金受取口座の登録を行った方に、7500円相当のポイントが付与されます。既に登録を行った方も含まれます。

申込開始日:2022年6月30日

マイナポイント申込期限:2023年2月末

マイナポイント第2弾「マイナンバーカード」はどのくらい浸透しているか

今回は、マイナポイント第2弾の申請期限の延長について解説してきました。

総務省によると、マイナンバーカードの普及率は47.4%(2022年8月末時点)となっています。

No image

出所:総務省「マイナンバーカードの市区町村別交付枚数等について」(2022年8月末時点)

交付率には地域によってばらつきがあることがわかります。

マイナポイントを獲得したい人は、総務省のサイトに申請方法が詳しく解説されているので、そちらを確認してみることをおすすめします。

参考資料

総務省「寺田総務大臣閣議後記者会見の概要」(2022年9月20日)

総務省「マイナンバーカードの市区町村別交付枚数等について」(2022年8月末時点)

LIMO編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加