[プリンスリーグ九州]後半ATに大迫塁が決勝弾!! 神村学園が逆転勝利で首位快走:第7節

[プリンスリーグ九州]後半ATに大迫塁が決勝弾!! 神村学園が逆転勝利で首位快走:第7節

  • ゲキサカ
  • 更新日:2022/05/14
No image

高円宮杯 JFA U-18サッカープリンスリーグ 2022 九州は14日、第7節を行った。

開幕から無敗(4勝1分)で首位を走る神村学園高筑陽学園高と対戦。前半34分にDF笠置潤の得点で先制した神村学園だが、同アディショナルタイムにFW杉森隼人、後半12分にMF北野真平に決められて筑陽学園に逆転を許してしまう。しかし、同28分にMF西丸道人がネットを揺らして同点に追い付くと、同アディショナルタイムにMF大迫塁が決勝点を奪い、3-2の逆転勝利を収めた。

アビスパ福岡U-18サガン鳥栖U-18 2ndの一戦は、前半3分にMF先田颯成がゴールを陥れ、鳥栖U-18 2ndが先制。だが、後半6分と同20分にFW北浜琉星がゴールを奪った福岡U-18が2-1の逆転勝利を収めた。福岡U-18は3連勝を飾り、鳥栖U-18 2ndは今季初黒星を喫することになった。

鹿児島高と対戦した大分トリニータU-18は前半37分にFW岡部聖南、後半28分にMF松岡颯人にゴールが生まれて2-0の完封勝利。また、V・ファーレン長崎U-18日章学園高の一戦は、長崎U-18が1-0の完封勝利を収めている。

【第7節】

(5月14日)

[指宿フットボールパーク人工芝]

鹿児島 0-2大分U-18

[大]岡部聖南(37分)、松岡颯人(73分)

[長崎県スポーツ協会人工芝グラウンド]

長崎U-181-0日章学園

※得点者、得点時間は判明後に更新予定

[福岡フットボールセンターA]

福岡U-182-1鳥栖U-18 2nd

[福]北浜琉星2(51分、65分)

[鳥]先田颯成(3分)

筑陽学園2-3神村学園

[筑]杉森隼人(45+1分)、北野真平(57分)

[神]笠置潤(34分)、西丸道人(73分)、大迫塁(90+4分)

(未定)

大津2ndvs九国大付

▼関連リンク

●高円宮杯プリンスリーグ2022特集

Gekisaka

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加