巨人・岡本のバットが真っ二つに...千賀が剛速球でいきなりへし折り 球場も騒然

巨人・岡本のバットが真っ二つに...千賀が剛速球でいきなりへし折り 球場も騒然

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/11/22
No image

1回、バットを折られ捕邪飛に倒れる岡本(撮影・高石航平)

「日本シリーズ・第1戦、巨人-ソフトバンク」(21日、京セラドーム大阪)

巨人・岡本和真内野手が、いきなりバットをへし折られた。

一回、2死一塁。ソフトバンク・千賀が投じた初球、内角154キロ直球を積極的にスイングしたが、バットを真っ二つに折られた。打球は力のない飛球となり、捕邪飛。根元から折れたバットに、球場はどよめきが起こった。

直前には坂本が通称“お化けフォーク”で空振り三振。二回はエース菅野が栗原に先制2ランを許し、不安な立ち上がりとなった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加