2ゴールでアピール成功...塩越柚歩がメンバー入りに意気込み「チャレンジャーの気持ちで」

2ゴールでアピール成功...塩越柚歩がメンバー入りに意気込み「チャレンジャーの気持ちで」

  • サッカーキング
  • 更新日:2021/06/10
No image

なでしこジャパンがウクライナ女子代表に完勝 [写真]=Getty Images

なでしこジャパン(日本女子代表)のMF塩越柚歩が試合後の取材に応じた。

なでしこジャパンは国際親善試合でウクライナ女子代表と対戦。塩越柚歩は自身の代表デビュー戦を先制点で飾ると、41分にも追加点。2得点で東京オリンピックの選考に向けてアピールした。

塩越は自身のゴールシーンを「左でうまく崩してくれるシーンが多く、ぶちさん(岩渕真奈)がいいクロスを上げてくれて、ゆいかさん(菅澤優衣香)がうまくスルーをしてくれたので、決めるだけでした」「ぶちさん、ゆいかさんのシュートがはじかれていたので、こぼれてくると思っていました。思い切って打って、うまく抜けてくれてよかったです」と振り返った。

また、同選手は「自分が五輪を目の前にして先発で出させてもらうことは試されていることだとわかっていたし、だからこそチャレンジャーの気持ちで、失うものはないという気持ちで臨みました。その結果いい形で2点取れて、結果を残せたのはよかった部分、コンビネーションでは足りない部分もあり、周りに助けられた60分間でした。試合勘だったりを上げないといけないと思いました」とメンバー入りに意気込み。またメンバー選考へのラストスパートと息巻いている

「試されている立場で結果を出したことはプラスですけど、足りないこともありました。90分間の体力やチームで出すということは足りていない。次の試合にも絡んで、しっかりアピールできれば自信につながると思います」

サッカーキング

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加