ユーチューバー事務所『UUUM』完全終了!? 株価が下落し続ける理由とは

ユーチューバー事務所『UUUM』完全終了!? 株価が下落し続ける理由とは

  • まいじつ
  • 更新日:2021/05/06
No image

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ

人気ユーチューバーが数多く所属するマネジメント会社『UUUM』。株価が目も当てられないような速度で下がり続けており、ネット上では「完全に終わった」と囁かれている。

【関連】HIKAKIN“名前の由来”を明かしてファン驚き「非課金じゃないのか!」ほか

ユーチューバー事務所の先駆け的な存在の「UUUM」は、芸能人のようにユーチューバーのマネジメントをするという、隙間を突いたビジネス。かつては男女2人組ユーチューバー『ヴァンゆん』や、女性ユーチューバー・関根りさといったビッグネームも所属していたが、報酬の2割という高額なマネジメント料が原因か、脱退する人が続出。その度に株主からは悲痛な声があがっている。

現在も「UUUM」に所属しているユーチューバーといえば、HIKAKINやはじめしゃちょー、ゆきりぬ、『Fischer’s-フィッシャーズ-』『水溜りボンド』『北の打ち師達』『おるたなChannel』あたりが有名どころだろうか。まだまだ充分に規模の大きい事務所だが、どうしても全盛期に比べれば失速感が否めない。

4月20日に「UUUM」が公式ツイッターで《【グッズ情報】#おるたなChannel の春グッズが販売開始。おしゃれなロンTやトートバッグ、靴下は嬉しい3色セット。使い勝手の良いタンブラーに、缶バッジくじは直筆サインバッジが当たります! お見逃しなく!!》などと告知すると、ネット上には《こんなんで株価あがるわけないやろ。しっかりやってくれよ》といった辛辣な意見が寄せられる始末である。

YouTubeがつまらなくなったのは事務所が原因?

目も当てられない「UUUM」の現状に対して、他にもネット上では、

《水溜まりボンドもコラボでしか再生数稼げないしオワコン。アバンティーズに配慮のないドッキリで超大炎上。UUUMはもうだめだな》《今のYouTube、オワコンの癖にまだUUUMが牛耳っててほんとに気持ち悪い。見てて面白くない》《いい加減この路線見直して、初心に返ったらどうですか? オワコンに片足突っ込んでますよ》《UUUMもオワコンよなぁ…。なんも面白くなくなった。数字しか気にしてないから楽しそうじゃないしな。やっぱり事務所所属になると離れるわ》

などと冷たい声が多くあがっている。

「株価下落の要因になっているかは微妙なところですが、実はここ数年『UUUM』の他にもユーチューバー専門の事務所が数多く設立されています。事務所所属のユーチューバーは皆、数字が取りやすいバラエティー番組のような動画ばかりを配信し、もはやYouTubeは〝劣化テレビ〟というような状況。規制が厳しくなって、昔のような〝自由〟な雰囲気の動画も減っています。YouTube発信の新しい文化〝VTuber〟も下火になっている今、バラエティー系YouTubeはゆるやかに終わりへの道をたどっているのかもしれません」(芸能ライター)

ユーチューバーたちのテレビ進出が増えている昨今だが、テレビ収録だと〝実力不足〟が露わになって視聴者から批判されている。このまま芸能化されたYouTubeと一部のスターユーチューバーは、終わりを迎えるかもしれない。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加