福岡市、初の100人超 4カ所で新たなクラスター

福岡市、初の100人超 4カ所で新たなクラスター

  • 西日本新聞
  • 更新日:2020/08/01
No image

福岡県では31日、過去最多となる170人の新型コロナウイルスの感染が確認された。感染拡大の勢いはとまらない状況だ。県は宿泊療養施設として、新たに福岡市中央区のリッチモンドホテル福岡天神(231室)を確保し、来週中に受け入れを開始する方針。

福岡市は117人の感染を確認したと発表。新規感染者が初めて100人を超え、市の累計感染者も1082人と千人を超えた。感染者の8割近くは30代以下で、重症者はいない。

新たなクラスター(感染者集団)をNHK福岡放送局(中央区)など計4カ所で確認。同局ではこの日、職員5人の陽性が判明し、感染者は計7人に。いずれも受信料徴収に関する業務だったという。他の3カ所は福岡大(城南区)の部活、ダンスクラブ「HAPPY COCK」(中央区)、白浜病院(南区)。クラスターが発生していたダンスクラブ「Cat’s Fukuoka」(中央区)では新たに客6人の感染が分かった。感染者は計55人。

福岡県は、男女37人の感染を確認。経路不明は20人で、新たに飯塚市の障害者施設と大牟田市の飲食店「BAR 酒楽」で、クラスターを確認した。このほか北九州市が14人、久留米市が2人の感染を公表。北九州市に住む感染者の60代女性1人の死亡が判明した。

熊本県では、八代市の10代小学生や熊本北郵便局(菊陽町)の集配担当の60代社員など18人が感染した。クラスターが発生したジャパンマリンユナイテッド(JMU)の有明事業所(長洲町)では社員ら7人の感染を確認した。

宮崎県では20人、鹿児島県では16人、佐賀県では7人の感染が確認され、各県で新たなクラスターが発生したとみられている。このほか長崎県では8人、大分県では2人の感染が発表された。 (新型コロナ取材班)

西日本新聞

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加