巨人・野上 三回途中5失点「しっかり調整したい」小林は3打数無安打

巨人・野上 三回途中5失点「しっかり調整したい」小林は3打数無安打

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/04/08

(イースタン・リーグ、巨人0-9ロッテ、8日、ジャイアンツ球場)先発した巨人・野上亮磨投手(33)は2回2/36安打5失点だった。一回は2三振を奪い三者凡退。二回2死から連続長打で先制を許し、三回には4安打を浴びて降板した。

605日ぶりの1軍登板を果たし、6回2失点と好投した2日のヤクルト戦(東京ドーム)以来、中5日でのマウンドだったが、打ち込まれた。野上は「しっかり調整したいと思います」と前を向いた。7日に2軍に降格した小林誠司捕手(31)は「2番・捕手」で先発出場も3打数無安打に終わった。

No image

2軍ロッテ戦に登板した巨人・野上

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加