一発KOキックのジャカは“お荷物”...「実にジャカらしい行動」「台無し」キャラガー氏が酷評

一発KOキックのジャカは“お荷物”...「実にジャカらしい行動」「台無し」キャラガー氏が酷評

  • ゲキサカ
  • 更新日:2022/01/15
No image

一発退場となったアーセナルMFグラニト・ジャカについて、『スカイ・スポーツ』の評論家であるジェイミー・キャラガー氏は“お荷物”だと酷評している。

アーセナルは13日、カラバオカップ準決勝ファーストレグでリバプールと対戦した。ジャカは前半24分、リバプールFWディオゴ・ジョタの腹部を蹴ってしまう危険なプレーで一発退場。アーセナルは早い段階で数的不利となり、試合を壊す形となったが、辛くもゴールレスドローに持ち込んだ。

ジャカがアーセナルのキャリアで提示されたレッドカードは、これが5枚目だ。試合後は自身のSNSを通じて「みんなに謝りたい」「自分のチーム、そしてみんなが見せたクリーンシートを達成したスピリットを誇りに思っている」と謝罪した。

『スカイ・スポーツ』によると、キャラガー氏はジャカを酷評。同氏はアーセナルがジャカに足を引っ張られていると考えており、ミケル・アルテタ監督の下で次のステップに進むためには、ジャカを移籍させるべきだと主張している。キャラガー氏は、ジャカの「馬鹿げた」ファウルは、若いチームメイトを失望させると考えている。

ハーフタイムにキャラガー氏は「実にジャカらしい行動だ」と述べた。

「ジョタの位置的にはまだ余裕があるタイミングだったのに、とんでもないチャレンジだ。レッドカードであることは疑いようがない」

また、試合後にキャラガー氏は「外から見ていると、どの監督も彼を選んでいるように見える。だからいい選手なのだろう。練習でも良くて、いいやつなんだろうね」と語り、次のように続けた。

「彼は良い選手でもある。その姿はスイス代表やアーセナルでも見てきた。しかし教のようなことがあると、彼の責任は重大だと思う。アーセナルがいかに素晴らしかったかを語ることはできても、アンフィールドで10人になってしまうえば、試合に負けるだけでなく、おそらく大会からも脱落してしまうことになる」

「あのような状況ではリバプールは2-0、あるいは3-0で勝ちたいと思っているはずで、そうすれば試合は終わってしまう。アーセナルは10人になることがあまりにも多すぎる」

「アーセナルがマンチェスター・シティでどれだけ良いプレーをしたかを以前話したが、それも台無しになってしまった」

「今、あまりにも多くのことが起きている。彼はすでに、経験から学ぶような若い選手ではない。彼は経験豊富な選手の一人だ。にもかかわらず、アーセナルが次のステップに進むのを妨げている」

「ミケル・アルテタや若い選手たちが今シーズン見せてくれたものにはとても感銘を受けたが、逆に経験豊富な選手たちが若い選手たちを失望させている」

「普通はその逆だ。これはアーセナルにとって大問題だ」

●プレミアリーグ2021-22特集

●カラバオ杯2021-22特集

Gekisaka

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加