40年前のゲームが激ムズ!いやらしい動きの敵「ムーンクレスタ」【女子ゲーマーが挑む「不朽の名作ゲーム」(13)】

40年前のゲームが激ムズ!いやらしい動きの敵「ムーンクレスタ」【女子ゲーマーが挑む「不朽の名作ゲーム」(13)】

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2020/10/17

ゲームメーカーのハムスターの公式番組「アーケードアーカイバー」で、J-CASTトレンドの若手女性記者「J子」が「不朽の名作」と名高いアーケードゲームに七転八倒しながら挑む様子を、連載記事で紹介する。

No image

10月15日放送の「第275回アーケードアーカイバー スーパーコブラスペシャル!」で挑戦が決まった7つ目のゲームは、1980年に日本物産から発売されたシューティング「ムーンクレスタ」。I~III号機の機体を操り、主に画面上部から襲ってくる敵を撃破していく。ミスをせず、自機が複数残っている場合は一定の敵群を倒すごとに「ドッキング」チャンスが生まれる。機体を合体させ、パワーアップしながら進んでいくのが攻略ポイントだ。

【今週の無理難題】(1) 10月23日の「第276回アーケードアーカイバー」放送までにニンテンドースイッチの、ゲーム開始から5分間の獲得スコアを計測する「キャラバンモード」ランキングに、「ムーンクレスタ」で全世界100位以内に「J-CASTトレンド」の名を刻む!(2) 10月23日の「第276回アーケードアーカイバー」放送中に、ライブで3機合体し、全世界100位以内のスコアを出すこと!

10月16日14時現在「アーケードアーカイブス ムーンクレスタ」のニンテンドースイッチにおけるキャラバンモードのオンラインランキング100位のスコアは1万5280。しかし一週間後は、数千単位でスコアが底上げされている可能性が高い。ハムスターの濱田倫社長の呼びかけに応じた視聴者たちがキャラバンモードに挑戦し、激戦区と化すことが予想されるためだ。

J子が番組で挑戦した「シューティングゲーム」は今回で5つ目。そろそろ勝手がわかってきた。操作方法を事前に教えてもらえなくても、ある程度「共通ルール」を踏まえていれば、そこそこ結果を出せるはず。意気込んで初見プレイに挑むと、なんと9連続で攻撃を外してしまい・・・!?(5:24~)<J-CASTトレンド>

J-CASTニュース

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加