矢沢がコロナ感染の「アリス」、谷村&堀内も「大事を取って」リモート共演

矢沢がコロナ感染の「アリス」、谷村&堀内も「大事を取って」リモート共演

  • テレ朝news
  • 更新日:2020/08/01
No image

フォークグループ「アリス」のドラマー、矢沢透(71)が新型コロナウイルスに感染したことを受け、同グループの谷村新司(71)と堀内孝雄(70)は、7月31日深夜に放送されたMBSラジオ(大阪市)「ヤングタウン金曜日」に2人体制で出演した。

「アリス」のレギュラー番組で、本来3人が出演しているが、この日は矢沢が不在で、谷村はスタジオ、堀内はリモート出演。矢沢の感染が判明後、谷村と堀内もPCR検査を受けたことを改めて報告し、谷村は「陰性という結果でしたが、やはり今は大事を取って当分の間は2人で交代しながら、スタジオとリモートで放送をお送りしたいと思います」と説明した。

矢沢についても「現在症状は軽いようですが、保健所の指導のもと本日より入院しました」と報告。「しかるべき治療をして安心な状態になって戻ってくれると思っておりますので、皆で矢沢の回復を願っていてくださいね!」と呼び掛けた。

番組では、かつて谷村が入院した際、堀内と矢沢の2人だけで約50公演を実施した時のことを振り返り、堀内は「三本の矢っていうのは、これほど強いものだなってヒシヒシと感じながら…」としみじみ語った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加