ロッテ・高部が走塁ミス2度→決勝2点三塁打 「取り返してやろうと思って打席に入った」

ロッテ・高部が走塁ミス2度→決勝2点三塁打 「取り返してやろうと思って打席に入った」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2022/09/23
No image

決勝2点三塁打の高部を迎えるロッテ・井口監督ら(撮影・村本聡)

(パ・リーグ、ソフトバンク3―6ロッテ=延長十回、21回戦、ソフトバンク12勝9敗、23日、ペイペイD)ロッテが22日の2位オリックスに続き、首位ソフトバンクに連勝した。九回に中村奨のソロで追い付き、3―3の延長十回、2度の走塁ミス(けん制死、走塁死)のあった高部が、決勝打となる右中間2点三塁打を放った。

国士舘大出身、俊足自慢の3年目外野手は「取り返してやろうと思って打席に入った」とうなずいた。抑えのオスナは九回から来日初の2回を投げて無失点。3位楽天に1・5ゲーム差と迫り、井口監督は「全員で勝った。まだ上位を狙える可能性はある」と意欲を示した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加