神木隆之介『るろ剣』『xxxHOLiC』...実写化作品の演技に原作ファンが納得するワケ

神木隆之介『るろ剣』『xxxHOLiC』...実写化作品の演技に原作ファンが納得するワケ

  • 女性自身
  • 更新日:2021/11/25
No image

すべての画像を見る

CLAMPのベストセラー漫画『xxxHOLiC(ホリック)』が実写映画化されることが発表された。公開は2022年4月29日を予定しており、神木隆之介(28)と柴咲コウ(40)がW主演を務める。

幻想的なストーリーと唯一無二なCLAMPの画風で根強い人気を誇る原作漫画だが、監督を務めるのは、映画『さくらん』(07年)や『人間失格 太宰治と3人の女たち』(19年)といった作品で豊かな色彩美が高く評価された蜷川実花(49)。蜷川が手掛けたメインビジュアルが公開されると、ネットでは《ビジュアルの再現度エグい!》《実写化でここまで納得のキャスティングは初めて》といった再現度を高く評価する声があがっている。

さらに情報解禁したばかりだが、孤独な高校生・四月一日君尋役を演じる神木への期待が高まっているという。実際にネットではこんな声が寄せられているのだ。

《神木隆之介くんは演技自体も上手いんだけどマンガの実写化になると原作のイメージを崩さず受け入れやすい形で演じてくれる人だよね》
《神木隆之介くん、アニメの実写化で主要キャストが彼の時は「神木くんだったらまぁいいか」とよく言われてましたね。演技力+ビジュアルを原作に寄せてくれるからかしら?》

人気漫画やアニメを実写化すると、原作ファンから原作とのイメージの違いからネガティブな印象を持たれることも少なくない。しかし、神木は過去にも、『るろうに剣心』の瀬田宗次郎役、『3月のライオン』の桐山零役など名だたる人気漫画の実写化映画で、重要キャラクターに起用。そして、いずれも原作ファンから高い評価を受けているという。

なぜ、神木の演技は原作ファンをも”納得“させることができるのか。そこには、神木自身の原作ファンに対する熱い思いがあるという。

今年9月に行われた文芸賞の受賞者発表イベントにスペシャルプレゼンターとして登壇した神木。原作の実写化作品を演じることについて、「原作のファンの方にも原作のまま、大事なメッセージをみなさんにお届けできたらいいなと思ってやってるので、そこはプレッシャーですね」とした上で、こう語っていた。

「原作のメッセージや核が、脚本にどう変換されてどういう風に存在してるのか自分なりに解釈したり、スタッフさんや監督と話したりして、『この原作の主人公役のこの気持ちを大事にしたい』とか、一読者として、一人の役者として思ったことを言ったりします」

ある芸能関係者はいう。

「神木さん自身も小説から漫画まで読む相当な読書家だといいます。自身も原作に対するこだわりや思いがあるからこそ、実際に演じる側になっても原作ファンの気持ちを考えて役作りを試行錯誤するそうです。こうした姿勢が原作ファンを“納得”させる要因の1つになっているのではないでしょうか」(芸能時関係者)

「コミックナタリー」によると、蜷川は、神木に対し「『四月一日(=主人公)は神木くんしかいない』と思っていて、今回ご一緒できて本当に良かったです。ほぼ初顔合わせでしたが、正確に正解を導く演技力に、本番の熱量に、撮影中は驚きの連続でした」と太鼓判を押している。

今回の『xxxHOLiC』でも原作ファンは神木の演技に“納得”することだろう。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加