画期的すぎるっしょ!鶏むね肉をエビチリにするレシピ?ぷりぷり食感は切り方と魔法の液体で作れる

画期的すぎるっしょ!鶏むね肉をエビチリにするレシピ?ぷりぷり食感は切り方と魔法の液体で作れる

  • Gourmet Biz
  • 更新日:2022/09/23

中華の定番・エビチリは、子どもから大人までファンの多い人気の一品。下の写真は、まるでエビチリのように見えますが、実はコスパ最強のあの食材を使った料理です。

No image

エビは、カラ取りや臭み取りなどの下処理が面倒。価格も高いことから、食卓に並べるにはハードルが高い一品でもあります。

今回紹介するのは、料理研究家の若菜まりえさんがTwitterで紹介した『ぷるぷるやわらかい・鶏のチリソースの節約レシピ』。エビチリを安価な鶏むね肉で再現出来る画期的なレシピで、まるでエビのようなぷるぷる食感を楽しむことができるのです。

さらに、まりえさん曰く「ねぎのうま味たっぷりのチリソースはまるでお店の味」とのこと。美味しくて節約も叶うレシピは、食卓の新定番になること間違いなしですよ。

■ピリ辛味でご飯がすすむ!

話題になったツイートはこちら。

「まるでエビチリー⁉️」
胸肉なのにぷるっぷるにやわらかい‼️
【むね肉ぷるぷる鶏チリ】
ブライン液につけた胸肉はぷるぷるにやわらかくなるんで、ネギのうま味たっぷりのソースからめたらまるでエビチリ‼️ #節約レシピ なのにお店レベルの味!
ブライン液ぜひTRY⬇️ #まりせつ https://t.co/G6ttVqOLHq pic.twitter.com/cgq82mvEqd
— つくりおき食堂まりえ (@mariegohan)
September 1, 2022
from Twitter

まずは材料です。

・鶏むね肉 ………………… 1枚(300~330g)
・片栗粉 …………………… 大さじ2
・サラダ油 ………………… 大さじ1
・白ねぎ …………………… 1/2本(50g)
☆水 ………………………… 120ml
☆砂糖 ……………………… 小さじ2
☆塩 ………………………… 小さじ1
★ケチャップ ……………… 大さじ3
★酒 ………………………… 大さじ2
★砂糖 ……………………… 小さじ2
★顆粒鶏ガラスープの素 … 小さじ1
★ラー油 …………………… 小さじ1/2
★にんにく ………………… チューブ5センチ

■鶏むね肉をぷりぷりエビのようにしちゃう魔法の液体!?

次に作り方です。

1. ブライン液を作る
容器に☆の材料を入れて混ぜ、ブライン液を作ります。

ブライン液とは「塩と砂糖を各5パーセント溶かした水溶液」のことで、まりえさん曰く肉を柔らかくする効果がある液だそうです。

この液体が魔法の正体!ブライン液に漬け込んで鶏むね肉をぷるっぷるにやわらかくしちゃいましょう!

2. 鶏むね肉を切る

No image
No image

鶏むね肉を広げ、繊維の向きが変わるところで3つのブロックに切り分けます。その後、繊維の向きに対し直角に、厚さ1cmほどのそぎ切りにします。

3. ブライン液に漬ける

No image

鶏むね肉をブライン液に漬け、20分置きます。蒸し暑い時期は容器にフタをかぶせ、20分冷蔵庫に入れてください。

4. 片栗粉をまぶす

No image

20分漬けたらブライン液を容器から捨て、片栗粉をまぶします。

5. 調味料の準備をする

No image

白ねぎをみじん切りにします。★の調味料をボウルに入れ、合わせておきます。

6. 鶏むね肉を焼く

No image

フライパンへサラダ油を敷き、鶏むね肉を中火で3分焼きます。3分経ったらひっくり返し、中火のまま3分焼きます。

7. 調味料を入れる

No image

みじん切りにした白ねぎと5の調味料を加え、2分ほど煮絡めたら完成です。仕上げにねぎの青い部分を刻んで乗せると、彩りが良くなります。

■「唐揚げにも使えそう」ブライン液のポテンシャルに絶賛の声!

このレシピにネットでは「目をつぶったら完全にエビチリ」「本当にビックリするくらい柔らかくなりました」「鶏むね肉はパサパサで嫌いな夫もうまいって言って食べてた」「ブライン液、唐揚げにも使えそう」など、絶品節約レシピに驚きの声が上がっています。

価格が高いエビよりもたっぷりと作れるので、満足感も得やすいですね。ぷりぷりの食感がたまらない絶品レシピを、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

また、まりえさんは現在、節約レシピに力を入れて発信をおこなっています。SNSで「#まりせつ」のハッシュタグをつけて、節約のために使いたい食材をツイートするとレシピを考えてくれるかもしれません。

「まりえ節約レシピ→略して #まりせつ」なのだそう。「いろんなもんが値上がってるんで今秋は #節約レシピ に力を入れて発信していきます」とのことなので、これからもまりえさんが発信するレシピから目が離せませんね。

■レシピ・画像提供:時短料理研究家・料理インフルエンサーの若菜まりえさん@mariegohan
・経歴と実績
子供の頃から料理と食品に興味があり、大学では食品生化学を専攻。卒業後は食品原料に携わる。

現在はレンジで作れるスピードおかずと簡単おやつの開発に注力。

webサイト「つくりおき食堂」では、まとまった時間がとれない忙しい方でも作り置きライフが続けやすいように、スキマ時間にパっと作れてサっと味が決まる時短おかずを紹介。

2017年レシピブログアワード 新人ブロガー部門グランプリ受賞。

著書に「忙しい人専用 『つくりおき食堂』の超簡単レシピ (扶桑社ムック) 」「忙しい人専用 『つくりおき食堂』の即完成レシピ (扶桑社ムック)」。

SNSで好評だったレシピを中心に集めたベスト版「忙しい人専用 つくりおき食堂の超ベストレシピ (扶桑社ムック) 」が発売され、こちらも好評です。

No image

時短レシピサイト「つくりおき食堂」でも、たくさんの簡単レシピを公開しています。忙しい方の強い味方である作り置きおかずのレシピなども有名です。
https://mariegohan.com/

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加