職場でのイジメを苦に自殺した新婚の夫 後を追った妻も重体に

職場でのイジメを苦に自殺した新婚の夫 後を追った妻も重体に

  • しらべぇ
  • 更新日:2020/09/16
No image

(PKpix/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

結婚して夫婦となったら、楽しみや喜びを存分に分かち合い、つらいときも互いに支え合い、人生の最も信頼できる相手として生きていくのが理想だろう。

しかし結婚式からわずか数日しか経っていないなか、自ら命を絶ってしまった夫がいる。そして妻は、深い悲しみのなかで絶望してしまった。

■夫は服毒のうえ自損事故

インド・マディヤプラデーシュ州のインドール県で、新婚の若い夫婦が次々と自殺を図ったことがわかり、波紋を広げている。

結婚式からわずか数日後という今月9日、32歳の夫はひとりで車を運転して自損事故を起こした。所持品から遺書が発見され、直前に毒を飲んだことが判明し、自殺による事故と断定された。

関連記事:一卵性母娘に悲劇 妻の頻繁な里帰りに激怒した夫が義母を殺害し逮捕

■妻は後を追い投身自殺

新婚生活は始まったばかりだというのに、愛する夫に先立たれて絶望感にさいなまれた20代の妻。彼女は将来を期待される研修医だったが、夫の後を追うことを密かに決心した。

実家でしばらく静養することが決まり、飛行機のチケットが準備され、父親が迎えにくるはずだった11日午前、妻はショッピングモールのバルコニーから身を投げた。

なんとか命はとりとめたものの、脚と頭部に重傷を負って予断を許さない状況だ。

■3名を起訴

夫が残した遺書から判明したのは、職場でのハラスメント。請負業者に勤務する夫は、行政より派遣されていたエンジニア2名にひどい扱いを受けていたというのだ。

警察はその2名によるイジメや嫌がらせの事実をつきとめ、自殺幇助(ほうじょ)の疑いがある別の1名とともに起訴している。

自殺率で見ると、インドは10万人あたり16.5人であり、東南アジアのワースト1位。1日平均28人の学生が自殺で死亡しており、自殺を防止する対策や啓発の活動が盛んだという。

■3割が職場いじめを経験

しらべぇ編集部が、全国10〜60代の男女有職者987名を対象に調査したところ、全体の27.5%が「職場でいじめを受けた経験がある」と回答している。

No image

また、日本の自殺率は10万人あたり15.8人で、全体はやや減少傾向にある。しかし15~34歳の若者で見るとむしろ増えており、年少者では親しかった友人との不和、学業不振、進路、親の厳しすぎる叱責や躾などが原因となるケースが多いという。

さらに18歳前後では学業不振や進路の悩みが一気に増え、成人では職場における人間関係の悩みからうつ病を経て、というケースが圧倒的に多いそうだ。

妻にも悩みを打ち明けられず、新婚の夫が自ら命を絶ってしまったこの一件。職場の人間関係や愚痴をこぼせば妻に嫌がられると心配し、夫は孤独な闘いで苦しんでいたのかもしれない。

良き理解者、相談者が身近にいないと感じた人は、『いのちの電話』『こころの相談』などで専門家に悩みを打ち明けることも考えてみてほしい。

・合わせて読みたい→ガン死の母を追い13歳娘が自殺 支えてきた父と祖母の落胆は大きく…

(文/しらべぇ編集部・浅野 ナオミ

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2020年7月3日~2020年7月7日
対象:全国10~60代の男女有職者987名(有効回答数)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加