パの天王山で明暗分けた3回の攻防!ロッテの積極攻撃に「替え時が難しかった」

パの天王山で明暗分けた3回の攻防!ロッテの積極攻撃に「替え時が難しかった」

  • ベースボールキング
  • 更新日:2021/10/14
No image

オリックス・山﨑福也投手<写真=北野正樹>

◆ よもやよもやの4失点

パ・リーグの首位攻防3連戦の第2ラウンドが13日に行われ、ロッテが8-2で快勝。オリックスのマジック点灯を阻止した。

試合は初回、ロッテが一死二、三塁からレアードの詰まった当たりの適時打で先手を奪うと、3回二死一塁からレアード、エチェバリア、山口航輝、藤岡裕大の4連打で3点を加点。オリックスはここで先発の山﨑福也を諦めてK-鈴木を送り出したが、連続四球でさらに1点を失った。

結局、3回表にロッテが4点を奪って5-0とリードを広げると、先発・石川歩の好投もあり、危なげない試合運びで勝利を手にした。

13日に放送されたCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』でも、3回表の攻防をピックアップ。解説を務めた池田親興さんは「山﨑は初回に1点は取られましたが、2回も非常に良いピッチングをしていた。緩急をつけてカーブもチェンジアップもいいし、真っ直ぐも走っていての二死から。あと一人をなんとかしてくれというところで、初球、初球で打たれて替え時が難しかった」と振り返り、エチェバリアに2球目を、山口と藤岡には初球を叩かれての連打で判断が難しかったと主張。

これには、MCを務めていた真中満さんも「二死からということと、打たれた当たりもそれほど会心の当たりではなかったので替え時は難しかった」と同調。池田さんは急遽マウンドに上がったK-鈴木にも同情しつつ、「バタバタと4点取られたことがきょうの試合を決めてしまった」と述べ、「あと一人なんとかしてくれというところでの4連打がこたえた」との見解を示した。

ロッテが勝利を収めたことで、14日の首位攻防第3ラウンドで勝利を収めたチームに優勝マジックが点灯することになった。

なお、首位・オリックスと2位・ロッテの優勝ラインは以下の通り。

<オリックス>
72勝:6勝2敗 勝率.571
71勝:5勝3敗 勝率.563
70勝:4勝4敗 勝率.5555
69勝:3勝5敗 勝率.548
68勝:2勝6敗 勝率.540

<ロッテ>
71勝:9勝2敗 勝率.573
70勝:8勝3敗 勝率.565
69勝:7勝4敗 勝率.5564
68勝:6勝5敗 勝率.548
67勝:5勝6敗 勝率.540

オリックスが残り8試合を5割で終えた場合、ロッテは残り11試合を7勝4敗で終えなければならない状況となっている。

☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2021』

【動画】よもやよもやの4連打! 京セラD大阪に左安打警報

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加