池江璃花子「自信がある」 全体トップで100自由形決勝へ/競泳

池江璃花子「自信がある」 全体トップで100自由形決勝へ/競泳

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/04/07

競泳・日本選手権 第5日(7日、東京アクアティクスセンター)

白血病から復帰した女子の池江璃花子(20)=ルネサンス=が100メートル自由形準決勝で54秒36を出し、全体トップで8日の決勝に進んだ。

「想定内。前半は流して、後半に上げようと考えて泳いだ」と振り返った。

100メートルバタフライを57秒77で制し、すでに400メートルメドレーリレーの東京五輪代表に決定。「レースが楽しみということイコール自信があるということ。そう捉えてもらえればいい」と力強かった。

No image

女子100メートル自由形準決勝、レースを終えた池江璃花子=東京アクアティクスセンター(撮影・恵守乾)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加