新人王決定戦2試合コロナ中止受け、JBCとJPBAが対策を協議

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/02/22

日本ボクシングコミッション(JBC)と日本プロボクシング協会(JPBA)は22日、新型コロナウイルス対策連絡協議会をオンラインで開催。21日に東京・後楽園ホールで行われた全日本新人王決勝戦で前々日に実施したPCR検査で出場選手が陽性と判定され、結果的に2試合が中止となったことを受けて、今後の対策などを協議した。

出場選手は試合2日前から指定ホテルへの宿泊を義務付けられているが、陽性と判定された選手はチェックアウトを余儀なくされ、うち1人は発熱や倦怠感などの症状も出ていたが、沖縄県のジム所属で帰宅することもできず、保健所の指示で隔離ホテルが決まるまでに約3時間を要したという。

今後の興行でも地方から上京した選手が陽性と判定された場合に隔離場所の確保が課題となることから、連絡協議会では医療機関や保健所との連携をさらに深めると同時に、ボクシング界として事前に準備するなど対応していくことを確認した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加