ArmベースのノートPC向けCPU市場が2021年に3倍以上成長~トップはApple

ArmベースのノートPC向けCPU市場が2021年に3倍以上成長~トップはApple

  • iPhone Mania
  • 更新日:2021/10/15
No image

低消費電力であることを売りにする、ArmベースのノートPC向けCPU市場が急成長を続けています。

2020年の売上は前年比9倍だったのに対し、2021年も3倍以上と高い成長率を維持するとのことです。トップシェアはAppleで、79%のシェアを占めています。

前年比3倍以上の成長を遂げるArmベースのノートPC向けCPU

調査会社のStrategy Analyticsによると、2021年のArmベースのノートPC向けCPU市場は、前年比3倍以上となる9億4,900万ドル(約108億円)に達するとのことです。

2020年には9倍の成長だったのに対し、これには劣るものの依然として高い成長率を維持しているといえます。

ArmベースのノートPCプロセッサの出荷台数も2021年に前年比2倍以上に成長し、全ノートPC向けプロセッサの総出荷台数の10%以上を占めるようになるという予測です。

メーカー別ではAppleが圧倒的に強い

メーカー別に見ると、Appleシリコンと呼ばれるM1チップをMacBookに搭載するAppleが79%のシェアで圧倒的な首位となっています。

No image

Appleは新しいM1Xチップを搭載したMacを10月18日のイベントで発表するとみられており、さらにシェアを伸ばすかもしれません。

2位はArmベースのChromebookで高いシェアを誇るMediaTekで18%、3位はWindows向けのArmプロセッサを製造しているQualcommで3%となっています。

Strategy Analyticsは、今後ArmベースのノートPC向けCPUを製造しているメーカーがx86ベースのIntelやAMDと効果的に競争するには、ソフトウェアへの投資やブランディングへの取り組みを強化する必要があると考えています。

Source:Strategy AnalyticsviaiMore
(ハウザー)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加