【ジャパンC】オーソリティ 中2週も余裕 木村師「いい意味でいつも通り」

【ジャパンC】オーソリティ 中2週も余裕 木村師「いい意味でいつも通り」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/11/28
No image

美浦Wを余力十分に駆け抜けたオーソリティ(手前)=撮影・園田高夫

「ジャパンC・G1」(28日、東京)

勢いなら負けてはいない。前走のアルゼンチン共和国杯をトップハンデを背負いながら完勝したオーソリティは24日、美浦Wで3頭併せ。リアグラシア(2歳1勝クラス)とヴィントミューレ(3歳1勝クラス)の2頭を先導する形でスタートすると、終始リラックスムードで、最後まで余裕たっぷりに5F67秒8-38秒1-11秒6を計時。前者と併入、後者には半馬身先着した。

木村師は「この中間は中2週ということで慎重にならざるを得ないと思っており、馬に対してはあまり期待しないように心掛けましたが、いい意味でいつも通り(の追い切りが)できたなと思います」と感触を伝えた。

過去3度のG1戦では5・14・10着と、一見壁を感じる成績ではあるが、これは全て右回りでのもの。「データが出ている以上、認めざるを得ないですね」と師が話すように、現役屈指の左回り巧者。昨年の青葉賞Vに、アルゼンチン共和国杯連覇など、左回りだと格段にパフォーマンスが向上する。舞台が府中の二四なら、実績上位馬にひと泡吹かせる可能性は十分あり得る。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加