唐津市税務課の係長 小型ヒーターなど段ボール2箱分の私物 山中に不法投棄【佐賀県】

唐津市税務課の係長 小型ヒーターなど段ボール2箱分の私物 山中に不法投棄【佐賀県】

  • SAGATVニュース
  • 更新日:2022/06/23
No image

サガテレビ

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

唐津市は51歳の男性職員がファイルや小型のヒーターなど職場の机に置いていた段ボール2箱分の私物を市内の山中に不法投棄していたと明らかにしました。

唐津市七山の山中に散乱したうちわやファイルなどのごみ。

6月12日、地区の清掃活動が行われた際、地元の住民が見つけました。

市によりますと2022年4月、唐津市・税務課の男性係長51歳が不法投棄したもの。

段ボール2箱分のごみの中にこの職員宛ての書類が含まれていたことから発覚しました。

ごみは小型のヒーターや文庫本、ポケットティッシュなど職員が職場の机の下に置いていた私物で、整理するよう上司に指示されていたということです。

この職員は「量的にも少なく、人目につかない山中に投棄すればいいと思った」と話していて、現在、警察から任意の取り調べを受けています。

唐津市ではこのほか酒が残ったままの出勤や無断欠勤など2022年に入って不祥事が相次いでいて今回で7件目です。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加