別れの原因にも...男性が「性格の不一致」を感じやすい3つのポイント

別れの原因にも...男性が「性格の不一致」を感じやすい3つのポイント

  • 愛カツ
  • 更新日:2022/11/24

カップルの別れや夫婦の離婚理由として、「性格の不一致」が挙げられることは多いでしょう。

その内容を掘り下げてみると、日常生活におけるちょっと習慣や価値観のずれが「この人とは無理」「もうやっていけない」を作っているようなのです。

そこで今回は、男性が、恋人であっても指摘されたくないポイントを3つご紹介します。

No image

食事中の作法

「元カノと食事に行くと、毎回『箸の持ち方が変』とか『茶碗にご飯粒を残すな』とか言われて、次第に彼女と会うこと自体が嫌になってしまい、別れました」(26歳男性/広告関係)

マナーがいいに越したことはありませんが、毎日する食事についての価値観の不一致は、ストレスがたまりやすいポイントです。

長年の習慣や育ってきた環境の影響も大きいので、相手を無理やりに変えようとすれば、2人の関係自体が揺らぐ可能性があります。

その場合は、「変わらない彼でも自分は付き合っていけるか」を重視して考えた方がいいかもしれませんよ。

体型についての悩み

「痩せたいと思っていたのですが、運動が続かなくて……楽して痩せようと通販で健康器具を買おうとしたら、彼女から『そんなので痩せるわけないじゃん!ダイエットは食事制限しないと無理。だからダメなんだよ』と上から目線の説教が入って萎えました」(30歳男性/出版)

「最近太ってきたから痩せたい」とか、反対に「頑張って食べているのにがりがりすぎる」とか。

体型の悩みは本人が一番分かっているからこそ、他人から指摘されたくないもの。

アドバイスや強めの忠告よりも、「健康が心配」「無理して痩せなくていいのに」など、男性に寄り添う言い方の方が、彼も受け入れやすいはずです。

仕事の不調

「ついこの間まで転職活動があまりうまくいっていなかったのですが、『まだ決まらないの?』と聞かれるたびに落ち込みました……。一番、励ましてほしい人なんですけどね」(27歳男性/販売)

そもそも、彼女に弱い部分を見せたくないと思っている男性は多く、仕事がうまくいっていないというのは、それだけで気分が上がらないもの。

そこにダメ出しをされれば、余計に落ち込む可能性は高いでしょう。

彼に頑張ってほしいと思っているからこその言葉だとしても、言葉選びには気を使ってあげてくださいね。

伝わり方を意識した言葉を

言う側はそれほど深刻なつもりでない指摘が、男性の心に深く刺さる場合もあります。

とはいえ、1人の大人として、最低限しっかりしてほしいという気持ちも分かります。

どうしても伝えなければならないときは、受け取り方に気遣ったうえで、言葉を選んで伝えてあげましょう。

(上岡史奈/ライター)

(愛カツ編集部)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加