有吉弘行「怒り新党」で明かしていた、上島さんが大好きになった出来事「その言葉に号泣しちゃったの」

有吉弘行「怒り新党」で明かしていた、上島さんが大好きになった出来事「その言葉に号泣しちゃったの」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2022/05/16

11日に急逝したお笑いトリオ「ダチョウ倶楽部」の上島竜兵さん(享年61)の密葬が14日、都内の斎場でしめやかに営まれた。上島さんが最も愛していた後輩芸人・有吉弘行(47)は12年6月6日放送のテレビ朝日「マツコ&有吉の怒り新党」で、お互いの“絆”が生まれた瞬間について明かしていた。

No image

タレントの有吉弘行

有吉弘行ってどんな人?略歴、トリビアも!

有吉は上島さんが大好きになった理由について、二人っきりで飲み会をしていたときの出来事を振り返る。「上島さんが僕のことで号泣し始めたんですよ。“俺はお前のことが好きだ”みたいにね。“それなのになんで仕事がないんだ?”って。俺は笑ってたんですけど、そのうちにね“俺も上島さんのことが好きなんですよ”って、その言葉に号泣しちゃって…」と、泣きながら本音を語り合ったという。

「1回だけね、なんでそんなに感情的になったかはわからないんだけど。相当鬱屈していたのが解放されてね、唯一『愛情』を感じたというか。でも、それを止めたのも上島さんで“俺もな、日本一の司会者になってやるからな…”って言ったときは“えっ?”と思った」と、オチを付けて笑わせていた。

◆いのちの電話

【相談窓口】

「日本いのちの電話」

ナビダイヤル 0570(783)556

午前10時~午後10時

フリーダイヤル 0120(783)556

毎日:午後4時~同9時

毎月10日:午前8時~翌日午前8時

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加