大谷 マルチは今季2度目だった 3日の「一塁失策」が「三塁打」に訂正

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/04/10

エンゼルスの大谷翔平投手(26)が2日(日本時間3日)のホワイトソックス戦の第1打席で記録した「一塁失策」が「三塁打」に訂正された。6日(同7日)の大リーグ公式サイトによると、同日の個人成績は5打数1安打から5打数2安打に訂正されている。6日のアストロズ戦で記録した4打数2安打は今季2度目のマルチ安打となり、シーズン打率は・300(20打数6安打)となった。

訂正された記録は2日のホワイトソックス戦の一回の打席だ。先発左腕カイケルに対し、カウント1-1から放った初速174キロの強烈な打球は右翼線を破り、大谷は滑り込むことなく三塁に到達した。しかし、記録員は一塁手のエラーと判定。試合後のマドン監督は「トリプル(三塁打)なのは間違いない。(判定に対して)われわれは意見書を提出しなくてはいけない」と異議を唱えていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加