奈紗、風に苦戦で2オーバー、37位後退「自分らしいゴルフがなかなかできていない」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2020/11/23

米女子ゴルフのペリカン女子選手権は20日、フロリダ州のペリカンGC(6353ヤード、パー70)で第2ラウンドが行われ、35位から出た畑岡奈紗(21=アビームコンサルティング)は1バーディー、2ボギーの71と伸ばせず、通算2オーバーで37位に後退した。首位とは10打差。75だった上原彩子(36=モスバーガー)は通算8オーバーの83位で予選落ち。10月の全米女子プロ選手権を制したキムセヨン(27=韓国)が65をマークし通算8アンダーで首位に立った。

連日1オーバーの71。6週ぶりの米ツアー出場で、もどかしい展開が続く畑岡は「自分らしいゴルフがなかなかできていない」と表情を曇らせた。インから出ると16番でボギーが先行。後半の3番パー3で初めてスコアを伸ばすも、この日のバーディーはこの1つだけ。7番で再びボギーを叩いて「前半に1つでも決めていれば後半の流れも違ったと思う」と振り返った。

海に近いコースで不規則な風に苦戦。「思ったより自分の距離が飛んでなかったりするので、そこをうまく合わせていけたら」とショットの精度を修正点に挙げる。首位との差は10打と開いたが、今年最後のメジャーとなる12月の全米女子オープンに向けても貴重な決勝ラウンドとなる。「あと2日間で伸ばせるように頑張りたい」と切り替えに努めた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加