秋田名物「いぶりがっこ」作り盛んに 12月上旬までにダイコン2万本いぶす

秋田名物「いぶりがっこ」作り盛んに 12月上旬までにダイコン2万本いぶす

  • 秋田朝日放送
  • 更新日:2021/11/25
No image

秋田朝日放送

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

秋田県横手市で名物の「いぶりがっこ」作りが盛んに行われています。

横手市山内にある農事組合法人「山楽里(さらり)」では今月1日からいぶりがっこ作りが始まりました。

いぶし小屋にはおよそ1600本のダイコンが吊るされています。ダイコンは2〜3日かけていぶしたあと専用の樽に入れて60日間、漬け込みます。

いぶす作業は来月上旬まで繰り返し行われおよそ2万本をいぶします。いぶりがっこは年明けに完成する予定で県内外に出荷します。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加