南葛SCが‟風間イズム“を継承へ! 三笘薫、仲川輝人も指導した新監督のサッカー観とは?

南葛SCが‟風間イズム“を継承へ! 三笘薫、仲川輝人も指導した新監督のサッカー観とは?

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2021/02/22
No image

「面白くて強いサッカー」を実現したいという新指揮官。果たして、いかなるチーム作りを見せるのか? 写真:塚本凜平(サッカーダイジェスト写真部)

No image

Jの舞台でのキャリアも豊富な安田をはじめ、今季もタレントを揃える南葛SC。関東1部昇格も視野にシーズンへ臨む。写真:塚本凜平(サッカーダイジェスト写真部)

No image

今季、南葛SCの指揮を執る森新監督。2021シーズンへの決意を語った。写真:塚本凜平(サッカーダイジェスト写真部)

南葛SCの2021年シーズンは、新たに関東サッカーリーグ2部に舞台を移して戦うことになる。チームの指揮を執るのは、昨シーズンの島岡健太監督からバトンを受け継いだ森一哉新監督だ。

求めるのはこれまでと同様、ボールを大事にするサッカー。インタビュー企画第1回は、数多ある選択肢の中で、なぜ森新監督がこのサッカーを志向するようになったのか。その価値観と哲学を探る。

――◆――◆――

前回の岩本義弘GMのインタビューで紹介した通り、森新監督誕生は電撃的に実現した。本人もオファーが来るまでは全く考えていなかったという。

「僕は2020年11月にTOKYO UNITED FCの監督を辞めて、自分のスクールの方に注力していました。そこで岩本GMから電話をもらいまして。『ボールを大事にサッカーを作っていく』という方針を聞いた時、チーム全体にしっかり伝えて成長させていく点でまず面白みを感じました。それは自分の価値観と重なる部分でもあり、やりたいことに沿ってできるのであれば楽しみがあるな、と思ったんです」

最初は「考える時間を1週間ください」と返事した。しかし実際は最初に電話があった1時間後には承諾の返事をしていたという。

1997年に川崎フロンターレでプレー。引退後の1999年から2013年まで、同クラブのアカデミーのコーチや監督を務めてきた。14年から16年まではトップチームのコーチを務めたが、当時の監督が風間八宏氏(2021シーズンよりセレッソ大阪の技術委員長)だ。その後、ともに名古屋グランパスへ移った際、行動をともにしたのが島岡健太・南葛SC前監督だった。

「僕も健太さんも風間さんから影響を受けたという点では一緒です。我々が表現したいサッカーを実現するための方法も、細かなアプローチは違うかもしれませんが大枠は同じです。ですから、その教えを伝えていくための言葉も似ているはず。実際にその通りでした」

南葛SCは1月12日からチームが始動。森監督はそこで初めてチームを見たわけだが、選手たちの動きを見て一瞬で“健太さんは自分と同じ視点、同じ言葉を使っていたのだろうな”と分かったのだそうだ。

「ある言葉を使った時の選手の反応を見た時に、僕が意図したことに対して違和感なく動けたんです。イメージ通りでした。ですから、昨シーズンから継続することに無理はありません。自分が思ったこと、考えたことをすればそれがそのまま継続になっていますから」

南葛SCからすれば「寝耳に水」だった島岡監督の退任。昨シーズン結果を出した「ボールを大事にするサッカー」の継続性が危ぶまれたが、森新監督が就任したことで驚くほどスムーズに受け継がれたと言っていい。
理想的な結果になった監督交代。だが返事は早かったとはいえ、森監督も二つ返事で承諾したわけではなかった。決断に至るなかで最後までひっかかっていたのはスクールの存在。ここに、森一哉という人物の価値観を探るヒントがある。

「横浜と茅ヶ崎の2か所で個人的に開催しているものです。川崎フロンターレや名古屋グランパスでコーチをしていた際、プロの選手でも技術が向上するのを目の当たりにして“このやり方を子どもたちに伝えたら、10年後どれだけ上手くなるんだろう”と興味が湧いたのがきっかけです」

大々的に告知は行なっていない。口コミやSNSで個人的に希望者を募り、小学生3~6年生を対象に定員は各校12名の少数精鋭。生徒には自分が直接教える。プロでも技術がアップした方法論をしっかり伝え、広げたいからだ。

「中村憲剛、大島僚太、小林悠、そして大久保嘉人……。彼らが川崎フロンターレにいた時代に僕もコーチをしていたのですが、彼らを見ていて“うまいな”と。この時期に、どういったやり方、伝え方、見方をすれば彼らみたいにうまくなるか、が見えたんです」

森監督にとってこのスクールは、自分が気付いた方法論を実践し、証明するとても大切な場所なのだ。だから他人に任せることはできない。というより、したくないはずだ。

「自分が直接教えることに意味がありますし、伝えるにも“魂”がなければ伝わりません。誰かに預けることはできないんです。南葛SC監督のオファーがあった時、このスクールをどうするかが最大の問題でした。結局、スクール生のみなさんには迷惑をかけてしまいましたが、曜日を変更したり別で行なっているクリニックに参加いただくよう条件を調整したりすることで理解してもらいました」

実現したいのは、個々の技術を伸ばし、一人ひとりのレベルを上げることで勝利に結びつけていく方法。どんな形でも勝てばいいのではない。勝利へのプロセスをきちんと踏むことに意味を置いているのだ。
「サッカーで勝利を目指すうえで、その方法に正解はありません。いろんな考え方があり、どれがいい、どれが悪いという話でもありません。その中で僕の価値観は、『面白くて強いサッカー』を目指し、結果として、観ている方々に『楽しんで喜んでもらえる』チームの実現です。ただ勝つだけなら嬉しいけれど、どこか面白くない。ただ面白いだけなら楽しませられるけど、なかなか勝てない。僕が求めるのは両方、面白くてしかも勝つんです。どちらかひとつだけだと、サッカー自体の魅力が伝わらないと考えています。そして勝つことで楽しさを正当化してしまうのは、淋しい。ボールを自由に扱えるという、サッカープレーヤーなら誰もが始めた頃に感じた魅力を、そのままグラウンドで表現する。その上で勝利を目指すんです」

楽しんで勝つ。それは『キャプテン翼』でもよく描かれている。まさにサッカーをする者の希望の原点だろう。ただ現実は、なかなかそうはいかない。だからいろんな考え方が派生する。では森監督の志向するサッカーは理想論なのかといえば、違う。具体的に実現するだけのノウハウがあるからだ。

「長く育成部門にいた影響は大きいかもしれません。僕も指導者を始めたての頃は、目の前の勝利を目指していたこともありました。でも育成として選手の将来を考えた時に、それでは難しい。昨シーズンにブレイクした三笘薫選手(川崎フロンターレ)や、2019年にJリーグMVPを獲得した仲川輝人選手(横浜F・マリノス)を小学生や中学生の頃から見ていましたが、勝利は目指しつつも個性を伸ばすことが大事だと重視するようになりました。当時は勝利と育成の間で葛藤して、いろいろ試行錯誤して模索して、でも確実に掴めたものはなかったんです。でも、その後Jリーグトップチームのコーチをしている時に掴めたんです」

長く探してきた答えのようなものが見えた時の衝撃はいかばかりだったか。この体験が、今の森監督の礎になっている。選手自身も、指導者も、そして見ている者も楽しんで喜べるサッカー。そして今、このサッカーを南葛SCで表現すべく動き始めた。

では「面白くて強いサッカー」をどうやってチームで、そして関東リーグでの戦いで表現していくか。森一哉監督インタビュー第2回では、さらに話を具体的に落とし込んでいく。

※後編に続く(次回は2月23日に公開予定です)

取材・文●伊藤 亮(フリーライター)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加