リバプールが本拠地でダービー敗戦...エバートンに2発完敗、昨季王者はまさかの4連敗に

リバプールが本拠地でダービー敗戦...エバートンに2発完敗、昨季王者はまさかの4連敗に

  • ゲキサカ
  • 更新日:2021/02/21
No image

[2.20 プレミアリーグ第25節 リバプール 0-2 エバートン]

プレミアリーグは20日に第25節を行った。王者リバプールは本拠地アンフィールドでエバートンと対戦し、0-2で敗戦。“マージ―サイド・ダービー”を落とし、クラブワーストに並ぶ4連敗を喫した。

16日のUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)決勝トーナメント1回戦第1戦・ライプツィヒ戦から先発メンバーは変わらず。2連敗中のエバートンを本拠地アンフィールドに迎えた。

試合は開始3分から動く。エバートンは中盤からMFハメス・ロドリゲスがリバプール守備陣の裏を突くスルーパスを放つと、FW{{}リシャルリソン}}が反応。そのままPA内に入り込んで右足シュートを放ち、ゴール左隅に流し込んだ。

追いかけるリバプールは前半20分、敵陣からのクリアボールをMFジョーダン・ヘンダーソンが右足ダイレクトでボレーを放つが、GKジョーダン・ピックフォードに阻まれる。1分後にはFWサディオ・マネのパスを受けたDFトレント・アレクサンダー・アーノルドが右足シュートを放つも、再びピックフォードにはじかれた。

追いつきたいリバプールだが、前半25分に最悪の展開に。守備陣の負傷者続出のため、CBとして体を張り続けていたヘンダーソンが右太ももを押さえて倒れ込む。そのままDFナサニエル・フィリップスと交代となった。

その後も得点が欲しいリバプールはFWモハメド・サラーがチャンスを作るも、ゴールネットを揺らすことができず。逆に、後半38分にはA・アーノルドがFWドミニク・カルバート・ルーウィンを倒してしまい、痛恨のPK献上。MFギルフィ・シグルドソンにゴール左隅に決められ、0-2と点差を広げられた。

そのまま試合は終了し、エバートンは1999年以来となる敵地アンフィールドでのダービー勝利に。リバプールは2試合ぶりにホームで黒星を喫し、苦しい4連敗となった。

●プレミアリーグ2020-21特集

Gekisaka

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加