60年で初めて開花 山脇さん宅のリュウゼツラン〈藤沢市〉

60年で初めて開花 山脇さん宅のリュウゼツラン〈藤沢市〉

  • タウンニュース
  • 更新日:2022/08/06

メキシコ原産の多肉植物で、数十年に一度咲くと言われる「アオノリュウゼツラン」が片瀬海岸の山脇孝さん(90)宅の庭で開花した。

昨年までは葉が茂るだけだったが、5月中旬頃からアスパラガスのように花茎が顔を出し、そこから7月中旬にかけて一気に約10mの高さまで伸びたという。

黄色い筒形の花が花茎の下から上にかけて徐々に開花。山脇さんは「毎年、今年こそはと心待ちにしていた。卒寿という節目の年に花を見られてうれしい」と話した。

1960年頃、友人から苗を譲り受けた。庭に植え60年ほど経つ。1日時点で、下部に咲いた花はカラスに食べられ散ってしまったが、上部に咲く花は見頃を迎え、頂点の方はまだつぼみの状態で青々としている。山脇さんは「8月中旬には全て散るのではないか」と予想している。一度開花するとその後枯れるという。開花したリュウゼツランの根元には小さな子株が芽吹いていた。

No image

アオノリュウゼツランと山脇さん

タウンニュース藤沢版

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加