もはや身だしなみのひとつ?!在日外国人女性に聞いた〝海外の脱毛事情〟

もはや身だしなみのひとつ?!在日外国人女性に聞いた〝海外の脱毛事情〟

  • Men’s Beauty
  • 更新日:2022/01/15
No image

動画投稿サイトやSNSでは海外で流行しているメイクや髪型、ファッションを紹介するアカウントが数多く存在しており、海外インフルエンサーのおしゃれ事情を参考にしている女性が多いことをうかがわせる。

日本人とは異なる骨格や髪色、目の色などは確かに魅力的であり、憧れの対象となりやすいことは、メンズでも理解できるはず。

そんな中、VIO脱毛専科サロン「NICOL」を運営するパザパグループは、海外の女性の美容でも、脱毛に注目。在日外国人女性を対象に「海外の脱毛事情」に関する実態調査を行ない、回答結果をグラフ化して公開した。

海外の脱毛事情〜脱毛をしている人は半数以上

No image

在日外国人女性に「脱毛をしていますか?(すでに完了している人も含む)」と質問したところ、半数以上の人が『はい(53.4%)』と回答した。

在日外国人女性の半数以上が、脱毛を経験しているようだ。脱毛は多くの女性にとって、馴染みのあるケアとなっているのかもしれない。

また脱毛部位には、ワキや腕、VIOなど様々な選択肢がある。人によって脱毛したい部位は異なるが、主にどの部位を脱毛しているのだろうか。

そこで「どの部位を脱毛したか教えてください(複数回答可)」と質問したところ、『ワキ(48.0%)』と回答した人が最も多く、次いで『全身(39.3%)』『ひざ上・ひざ下(21.5%)』『VIO(19.5%)』『ヒジ上・ヒジ下(18.9%)』と続いた。

人目につきやすい『ワキ』を脱毛している女性が半数近くを占め、見た目に対する意識の高さが伺える。また、全身脱毛している場合もあれば、ひざ・ヒジといった部分脱毛を行っている場合もあるようだ。

一方で、VIOの脱毛にも回答が集まっており、見えない部分もしっかり手入れする傾向が読み取れる。

実際の脱毛では、様々な施術方法が取られていた。できるだけ安全に脱毛し、綺麗な仕上がりにしたいもの。では、海外と日本では脱毛の施術方法でも違いがあるのだろうか。

No image

そこで「どのような手法で脱毛をしましたか?」と質問したところ、『レーザー脱毛(53.5%)』と回答した人が最も多く、次いで『サロン脱毛(31.8%)』という結果となった。

半数以上の女性が、レーザーによる脱毛を選択したようだ。皮膚へのダメージや痛みを軽減してくれる手法が、人気だといえるだろう。また、サロンでプロの施術を受けることにより、安心して脱毛できるというメリットもある。

海外の脱毛事情〜何歳から脱毛を始める人が多い?

日本では若い世代を中心に脱毛が浸透しつつあるが、海外の女性たちはいつ頃から脱毛を始めているのだろうか。

No image

そこで、在日外国人女性に「母国では、いつくらいから脱毛を始める方が多いですか?」と質問したところ、7割以上の人が『10代後半~(31.9%)』『20代前半~(38.8%)』と回答し、10代後半から20代前半にかけて脱毛を始める人が多いことがわかった。

7割近くの人が20代前半までに脱毛を始めているようだが、脱毛は美容・ファッション分野にも関わるからこそ、若い女性からの関心が高くなるのかもしれない。綺麗でいたいという女性のこだわりは、世界共通だといえる。

では、在日外国人女性の家族や友人の脱毛事情はどうなっているのだろうか。

そこで「家族や周りの友人は脱毛をしていますか?」と質問したところ、半数以上の人が『周りのほとんどが脱毛をしている(21.2%)』『脱毛をしている人の方が多い(35.9%)』と回答しており、身近な人の多くが脱毛しているということが伺える結果に。

周囲に脱毛している人が多いと、自然と脱毛に対するハードルも下がっていくことだろう。このような環境が影響して、日本人女性よりも海外女性の方が脱毛に積極的なのかもしれない。

No image

外国人から見た〝日本の脱毛事情〟

No image

「母国では脱毛をすることについて、どのように捉えられていますか?」と質問したところ、『エチケット・身だしなみ(61.1%)』と回答した人が最も多く、次いで『おしゃれ(21.5%)』と続いた。

6割以上の人が、脱毛を『エチケット』の一つだと考えているよう。処理されていないムダ毛で、恥ずかしい思いをすることは避けたい。また、自由におしゃれを楽しむためにも、脱毛は重要だといえる。

脱毛をエチケットとして捉える在日外国人女性は、日本の脱毛に対する意識をどのように感じているのだろうか。

そこで「日本と海外では脱毛の意識が違うと感じますか?」と質問したところ、7割以上の人が『はい(73.2%)』と回答した。

多くの在日外国人女性が、日本と海外での脱毛意識に違いを感じているようだ。自国では当たり前の習慣や考えが、外国では通用しないということは十分あり得る。

脱毛についても、それぞれの国で捉え方が異なるため、より一層ギャップが生まれやすいのかもしれない。

海外のVIO脱毛事情〜海外で人気のアンダーヘアの形

No image

在日外国人女性に「母国ではアンダーヘアのケアは主流になっていますか?」と質問したところ、6割以上の女性が『主流になっている(21.5%)』『主流になりつつある(42.2%)』と回答した。

アンダーヘアの脱毛があまり定着していない日本にいると、余計にその差が気になるのかもしれない。今後、日本でアンダーヘアのケアが進んで実践されるようになれば、ギャップも解消されていくだろう。

では、海外の女性はアンダーヘアを脱毛する際、どのような形に整えているのだろうか。

そこで「母国で人気のアンダーヘアの形を教えてください」と質問したところ、『逆三角形(25.8%)』と回答した人が最も多く、次いで『ハイジニーナ(無毛)(19.7%)』『ナチュラル(16.1%)』『逆三角形(ミニ)(11.8%)』『Iライン形(7.7%)』と続いた。

逆三角形にすることで、アンダーからはみ出さないように気を付けている人が多いようだ。また、ハイジニーナで完全にムダ毛をなくしてしまうという手もあるだろう。いずれにせよ、アンダーヘアの脱毛によってVIOも美しく保つことが目的だといえる。

調査概要
「海外の脱毛事情」に関する実態調査
調査期間:2021年6月18日(金)~2021年6月19日(土)
調査方法:インターネット調査
調査人数:1,018人
調査対象:在日外国人女性
モニター提供元:ゼネラルリサーチ

関連情報
https://vio-nicol.com/

その他の情報はこちら!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加