立ち合い“待った”で珍事「おでこコッツンw」に館内騒然 土俵からの落下を防ぐ咄嗟の優しさに「いい感じで助けた」注目も

立ち合い“待った”で珍事「おでこコッツンw」に館内騒然 土俵からの落下を防ぐ咄嗟の優しさに「いい感じで助けた」注目も

  • ABEMA TIMES
  • 更新日:2022/05/14
No image

<大相撲五月場所>◇六日目◇13日◇東京・両国国技館

前頭十枚目・錦木(伊勢ノ海)と前頭八枚目・照強(伊勢ヶ濱)の一番で、立ち合いつっかけた照強の額が錦木の頭に“コツン”とぶつかって止まる珍しい場面に館内が騒然となる一幕があり、視聴者が「頭からいった」「おでこコッツンw」と盛り上がった。その後の取組では、勝負後に土俵から落下しそうになった照強を錦木が咄嗟の振る舞いで助けたことを受け「いい感じで助けた」「錦木好きになっちゃうな」といった声も寄せられた。

【映像】立ち合い“待った”の珍事に館内騒然

1度目の立ち合いでつっかけてしまった照強。低く入ろうとしたこともあってか、照強の額が蹲踞の姿勢の錦木の頭に接触し、客席からはざわめきが沸き起こった。

続く2度目の立ち合いは成立し、やはり低く攻める照強に対して錦木は落ち着いて対応。押された照強は滑るように土俵際へと追い詰められ、崩れそうになった後に寄り切られて土俵を割った。敗れた際に照強は土俵下へ落下しそうになったものの、素早くまわしをつかんだ錦木が引き寄せて落下を防ぐ気遣いを見せた。照強は4敗目。勝った錦木は3勝目となる白星を挙げた。

つっかけた照強の額が錦木の頭にぶつかるシーンに、視聴者からは「頭からいった」「おでこコッツンw」「ごっつんこ」といった声が続出。また勝負が決した際に照強の落下を防いだ錦木の咄嗟の振る舞いに対しては「引っ張り寄せたw」「いい感じで助けた」「錦木の優しさ」「錦木好きになっちゃうな」とコメントするファンも相次いでいた。(ABEMA『SPORTSチャンネル』)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加