ソフトバンク、初回いきなり6連打で4点先制 “天敵”塩見をノックアウト

ソフトバンク、初回いきなり6連打で4点先制 “天敵”塩見をノックアウト

  • フルカウント
  • 更新日:2020/10/16
No image

左前適時打を放ったソフトバンク・松田宣浩【写真:藤浦一都】

1死一、二塁からグラシアル、栗原、中村晃、松田宣と4連続適時打

■ソフトバンク – 楽天(16日・PayPayドーム)

ソフトバンクが怒涛の猛攻で一気に4点を奪い取った。5連勝で本拠地PayPayドームに戻って迎えた16日の楽天戦。初回1死から怒涛の6連打、4連続適時打で一気に4点を奪い取った。

今季0勝2敗、わずか1点しか奪えていなかった天敵の塩見を早々に攻略した。初回1死から川島、柳田の連打で一、二塁のチャンスを作ると、グラシアルが左前適時打を放って先制。さらに栗原が右前適時打で続き、2点目を奪った。

猛攻は止まらない。中村晃が右前適時打、松田宣も左前適時打で続き、4連続適時打を含む怒涛の6連打でいきなり4点を奪った。楽天先発の塩見はここで異変を訴えて、トレーナーに付き添われて治療のためにベンチへ。そのまま降板となり、1回持たずにノックアウトとなった。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

福谷佑介 / Yusuke Fukutani

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加