ココロとカラダが究極に“ととのう”無重力メンテ

ココロとカラダが究極に“ととのう”無重力メンテ

  • LEON レオン オフィシャルWebサイト
  • 更新日:2022/09/24

HEALTH

2022.09.24

【連載】本当は知りたいオヤジ美容

エプソムソルトが入った水に浮かぶだけという未知の体験ができる『フロートスパ』。重力からの解放はカラダにどんな変化をもたらすのかを編集部堀川が体験し、ご紹介いたします。

CREDIT :

写真/トヨダリョウ 取材・文/遠藤加奈

HEALTH

オヤジ美容連載

ONE LEON TOP

Personal Doctor

江東区

今回お邪魔したのは「フロートスパCOCORODO」

究極の“ととのい”体験を求めて

No image

大事なミーティングや面接の前日に緊張してなかなか寝付けない、ゴルフで一度ミスショットすると動揺してミス連発、などはすべてココロの問題。どんな時でも心を落ち着かせることができたら、自分に自信がつきますし毎日を愉しく生きることができます。

今回は重力から解放されることで、カラダはもちろんココロまでも“ととのえる”ことができる施術『フロートスパ』を編集部堀川の体験を交えてご紹介いたします。

タンクの中でぷかぷか浮かぶだけでととのっちゃう

昨今よく耳にするマインドフルネス。グーグル社が社員のメンタルヘルスケアのために導入したことでも有名になりました。マインドフルネスとは自分の今の状態を受け入れることで、不安や怒り、イライラなどのストレスから解放された状態になることです。

マインドフルネスが実践できると自律神経が整えられ、交感神経と副交感神経の切り替えがスムーズになります。やり方はさまざまありますが、瞑想がもっとも簡単な方法で、そんなマインドフルネスを促す施術を今回はご紹介します。

こちらの『フロートスパ』は、フローティングセラピーやアイソレーションタンクとも言われる施術で、エプソムソルトと塩が溶けた死海と同程度の濃度の塩水で満たされたタンクに入り浮かぶというもの。タンク内は音や光が遮断されるので、強制的に外界からシャットダウンされ、さらに塩水による浮力により重力からも解放された状態になります。まるで宙に浮かんでいるような感覚になり、目を閉じ呼吸に集中し瞑想することで、全身の力が抜け、高ぶった神経を落ち着かせることができます。

普段の生活の中で瞑想や心を落ち着かせようとしても、スマホや雑念や肩こりなどさまざまな要因で気が散ってしまい集中することが難しいのですが、このタンク内では、強制的にシャットダウンされるのでココロに集中することができるのです。

さらに、『フロートスパ』を何度か体験すると、この感覚を思い出すことで、日常生活でも簡単に気持ちの切り替えを行うことができるようになるそう。プロのアスリートであれば、ミスショットをした際でも動揺せず、すぐに心を落ち着かせることができるようになるため常に平常心を保ちますし、また大切な会議や商談などで寝付けない夜も、リラックス法を身に着けることで眠りやすくなるといいます。

No image

画像をもっと見る

海外アスリートにも人気です

フロートスパではココロを“ととのえる”ことができるほか、重力から解放されることで筋肉の緊張が取れ、エプソムソルトにより代謝が上がるため、カラダも“ととのえる”ことができます。具体的には不眠や偏頭痛、肩こりや腰痛などが解消したり、筋力トレーニングの効果が出やすくなることもあるんだとか。また代謝が上がるので、ダイエットや美肌効果も期待できます。

ノバク・ジョコビッチやトム・ブレイディなど海外のアスリートは、数年前からフローティングをトレーニング前後に取り入れているそうで、今回取材した「フロートスパCOCORODO」もオープン6年目。日本のアスリートも多く利用しているとのことです。

次回はどれだけ“ととのった”かを、体験リポートいたします。

No image

■ フロートスパCOCORODO

住所/東京都江東区(※完全予約制のため予約時に詳細をお伝えします)

TEL/03-5534-9447

HP/www.cocorodo-float.com

営業/10:00〜22:00 年末年始休

料金/「フロートスパ」60分9000円、90分1万3000円、120分1万6000円

この記事が気になった方はこちらもどうぞ!!

【連載 第2回】老眼と決めつけるのにはまだ早い! そのかすみ目の原因を正しくチェック

【連載 第3回】 無痛HIFUでデート前に憎き二重あごとサヨウナラ!

【連載 第4回】 一度のメンテで黄ばんだ歯を自然に白く

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加