2.5次元俳優・廣野凌大「パチンコが大好物」 親から“英才教育”、自宅に台設置し研究も

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2022/09/23

俳優の廣野凌大(24)が22日深夜放送のテレビ東京系「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~」(木曜深夜0・00)に出演。ギャンブル好きの一面を明かした。

2.5次元俳優として活躍中の廣野だが「ギャルとパチンコが大好物」だという。パチンコについて「親が結構ずっとやってて、3歳くらいから英才教育を受けてまして」と語った。

パチンコ店では「監視カメラの前でまずお辞儀を一礼」「ゾロ目が出るまで体温チェック」と、決まったルーティンをしているそうで「36・5度って出たら、36・6度に上げたいじゃないですか」と、数字をそろえるために走ることもあると明かした。

廣野によると「1日12~13万円負けたことありますね」とのめり込んでいるようで、自宅にはパチンコ台も設置。家で研究をしているというが、総額では「全然負けてます」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加