「マジでやめてくれ!」 エッチ中にされて嫌だった3つの行為

「マジでやめてくれ!」 エッチ中にされて嫌だった3つの行為

  • fumumu(オトナ)
  • 更新日:2022/09/23
No image

(AntonioGuillem/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

エッチのとき、やめてほしいけどせっかくの雰囲気が壊れてしまうのが怖くて、「やめて」と言えなかった経験ってありませんか?

彼には内緒にしているけど、本当は嫌な行為がある人も少なくないもの。

そこでfumumu取材班は、エッチ中にされて嫌だった行為を聞きました。

■耳やワキをなめる

「エッチ中、耳やワキをなめられて興奮する人もいるのかもしれないけど、私は無理だった。

元カレがなめる人で、何度も『嫌だ! やめて!』と言っているのに、やめなかったどころか私が感じていると勘違いして、さらになめやがった。

なめられるとベタベタするし、ツバ臭いし…耳とか下手したら中耳炎になりそうで、怖かったわ。

前の彼女たち、このキモい行為が嫌じゃなかったのかな? なんか同情するわ」(30代・女性)

関連記事:このままズルズルと行くのは嫌! 曖昧な関係を終わらせる方法

■お尻を叩く

「バックで初めてお尻を叩かれたとき、『え…?』ってなって、彼の方を見ちゃった。

お尻を叩くとか、AVの見過ぎじゃないのかね? 正直、全然気持ち良くないし、雰囲気も良くならないし…ただ痛さと不快感で悶々とするだけ。

私が真顔で『え…?』って見たせいか、それ以来は叩かれることはなかったけど、お尻叩くとか…マジでやめたほうがいいよね。本気で気持ち良いって思っている女性は、そうそういないって」(30代・女性)

■キスマークをつける

「前に付き合った彼が、毎回首にキスマークをつける人だった。『ホント、お願いだからやめて!』って言っても、絶対つける。だからコンシーラーで隠して会社に行ってた…。

それ以外にも彼の嫌な部分が多すぎて結局は別れたけど、相手の嫌がることを続ける人は、やっぱりヤバいね。嫌だって言っていることをやめない人は、軽くサイコパス」(20代・女性)

エッチというのは、その人の癖がわかりやすい行為でもあります。嫌なら我慢せず、素直に嫌だと伝えたほうがお互いのためです。

それで不機嫌になったり冷たくなるような彼なら、あなたの運命の人ではないんです。

・合わせて読みたい→リスクも伴うから抵抗がある… お尻エッチの上手な断り方3選

(文/fumumu編集部・美佳

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加