三連休「道路の気象影響予測」 広範囲で影響あり 北海道・東海・近畿はリスク「大」

三連休「道路の気象影響予測」 広範囲で影響あり 北海道・東海・近畿はリスク「大」

  • tenki.jp
  • 更新日:2022/09/23
No image

シルバーウィーク後半の三連休がスタートしましたが、道路の気象影響予測をみますと、広い範囲で影響がでる可能性があります。特に、24日土曜にかけては、北海道・東海・近畿で、リスクが高まるおそれがあります。お出かけの際は、最新の気象情報や交通情報を、確認してください。

三連休 各地の天気は?

No image

きょう23日(金:秋分の日)から、三連休という方も、大勢いらっしゃると思います。

この三連休の天気ですが、ポイントは「台風と前線による大雨」です。

まず、23日(金:秋分の日)午前9時に、室戸岬の南約300キロで台風15号が発生しました。この台風は、本州の太平洋側に接近する予想で、その影響で、24日(土)にかけて、近畿・東海を中心に、大雨になるでしょう。関東甲信も、次第に雨が強まり、24日(土)は、あちらこちらで激しい雨が降りそうです。

一方、23日(金:秋分の日)の夜には、日本海に前線が発生し、24日(土)は、前線が次第に南下するでしょう。そのため、24日(土)にかけて、北海道を中心に大雨となり、東北や北陸でも、激しい雨の降る所がありそうです。

この大雨の影響で、各地の道路に影響がでるおそれがあります。

道路の気象影響予測 北海道~東海

道路の気象影響予測を、詳しく見てみます。

北海道は、24日(土)にかけて、リスクが次第に高まるでしょう。24日(土)午後は、影響が大きくなるおそれがあります。

東北は、24日(土)に、影響がでる時間帯がありそうです。

関東甲信は、影響が長引くでしょう。23日(金:秋分の日)の夜から25日(日)まで、影響がでる可能性があります。

北陸は、23日(金:秋分の日)夜から24日(土)明け方にかけて、影響がでそうです。

東海は、23日(金:秋分の日)午後から24日(土)夕方まで、影響「大」の時間が長く続くでしょう。特に、紀伊半島の東側斜面(三重県南部など)では、雨が強まるおそれがありますので、警戒してください。

道路の気象影響予測 近畿~九州南部

No image

近畿は、23日(金:秋分の日)午後から24日(土)明け方まで、影響「大」の時間が続くでしょう。和歌山県南部や奈良県南部を中心に、雨量が増えて、この方面の道路は、特に警戒が必要です。

中国、四国や九州北部、九州南部では、今のところ、道路への気象影響は小さい見込みです。

ただ、この道路影響予測は、23日(金:秋分の日)朝の気象予測に基づく影響予測です。実際の規制状況は、道路管理者などの発表を、ご確認ください。また、お出かけの際は、最新の気象情報も確認してください。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加