アーセナルがルーマニアの新星アタッカーに関心

アーセナルがルーマニアの新星アタッカーに関心

  • 超ワールドサッカー
  • 更新日:2021/11/25
No image

アーセナルがルーマニアの新星アタッカーの獲得に興味を示しているようだ。ルーマニア『PLAYSPORT』が報じている。

【動画】【冨安と岩渕が加入】アーセナルと日本人選手の物語

今夏の移籍市場では最優先事項だった守備陣に大きなテコ入れを図ったアーセナル。

その補強効果が徐々に出てきて、プレミアリーグ5位に順位を上げてきたミケル・アルテタ率いるチームは、今冬の移籍市場で前線の補強を準備している。

ここまではフィオレンティーナのセルビア代表FWドゥシャン・ヴラホビッチ(21)、レアル・マドリーのセルビア代表FWルカ・ヨビッチ(23)という2人のストライカーなどの名前が挙がっている。

そういった中、新たな補強候補として浮上しているのが、ルーマニアのFCSBに所属するU-21ルーマニア代表FWヤニス・ストイカ(18)。

FCSBでプロキャリアをスタートしたストイカは、幾つかのクラブへの短期レンタルを経て今シーズンからFCSBのトップチームに定着。ここまで公式戦14試合に出場し、6ゴール2アシストの数字を残している。

右ウイングを主戦場に逆サイドやセンターフォワードでもプレー可能な右利きのアタッカーは、爆発的な加速力を生かしたドリブル突破が最大の特長。さらに、まだまだ粗削りもフィニッシュの多彩やセンスを感じさせ、ルーマニア国内では将来を嘱望されるワンダーキッドの一人だ。

現時点でアーセナルはあくまで興味の段階で、決して即戦力とはみなしていないが、将来への投資という部分でストイカを注視していることは間違いないようだ。

(C) CWS Brains, LTD.

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加