宇宙戦艦ヤマトの魅力に“脚本や音楽の視点”で迫る 15日・オールナイトニッポン特番

宇宙戦艦ヤマトの魅力に“脚本や音楽の視点”で迫る 15日・オールナイトニッポン特番

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/01/13
No image

「『宇宙戦艦ヤマト』という時代 西暦2202年の選択」(c)西崎義展/宇宙戦艦ヤマト2202製作委員会

週替わりパーソナリティで放送されているラジオ番組、ニッポン放送「オールナイトニッポンGOLD」(金曜、後10時)の15日放送回は、40年ぶりに「宇宙戦艦ヤマト」を冠したオールナイトニッポンが放送される。

同日に音楽CD「交響組曲 宇宙戦艦ヤマト2202」がリリースされることを受け、「オールナイトニッポンGOLD~『「宇宙戦艦ヤマト」という時代』スペシャル~」と題された。

ヤマト直撃世代である元ニッポン放送アナウンサーの上柳昌彦と、作中で桐生美影役を演じる声優・中村繪里子がメインパーソナリティとして登場。宇宙戦艦ヤマトの魅力を語る。

また構成・監修・脚本を務める福井晴敏氏と音楽を手掛ける宮川彬良氏も登場し、脚本や音楽の視点から宇宙戦艦ヤマトの魅力を掘り下げていく。ニッポン放送は「現在の宇宙戦艦ヤマトに触れたことがない人でも、思わずその世界観に触れてみたくなるような」放送にすると自信を見せている。

リスナーには「私と宇宙戦艦ヤマト」というテーマでメールを募集している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加