<兵庫 小学生兄弟死亡>放火した伯父51歳が語っていた「財産も土地も譲るから...」

<兵庫 小学生兄弟死亡>放火した伯父51歳が語っていた「財産も土地も譲るから...」

  • 文春オンライン
  • 更新日:2021/11/25

兵庫県加古郡稲美町の木造2階建て一軒家に火の粉が上がったのは、11月19日午後11時半頃のこと。焼け落ちた家の一階から二つの遺体が発見され、後にこの家に住んでいた小学6年生の兄・松尾侑城くん(12)、小学1年生の弟・眞輝くん(7)だと確認された。そして火災から5日後、事件は急展開を迎えた。兵庫県警は、この家に同居していた母方の伯父・松尾留与容疑者(51)を殺人、現住建造物等放火の疑いで逮捕したのだ。

【画像】放火の疑いで逮捕された松尾留与容疑者(中学の卒業アルバムより)

No image

全焼した家

「逮捕容疑は19日午後11時31分頃から42分頃までの間、民家を全焼させ、兄弟を殺害したというもの。付近の防犯カメラには、消防に通報が入る直前に現場付近を歩く不審な男が映っており、警察は行方を捜していた。大阪市北区の公園付近で身柄を確保したのは、25日。(留与容疑者は)任意聴取に対し、『(火を付けたことは)間違いありません』と認めたため、逮捕に至った」(社会部記者)

この家に住んでいたのは、侑城くん、眞輝くんと両親、そして留与容疑者の5人だ。同日夜、父は仕事に向かった母を迎えに行くため車で外出。民家が炎に包まれたのは、それから20分後のことだった。

かけがえのない命を奪った留与容疑者は、どのような人生を歩んできたのか。中学の卒アルに映った留与容疑者は坊主頭。眩しそうに目を細め、顔をくしゃくしゃにしてはにかんでいるように見える。

「中学時代は野球部に所属。卒業後、神戸市内の寝装品の製造会社に就職する傍ら、夜間学校に通っていました。その後、地元で衣料品などを扱う工場などで働いた後、大阪市内の会社に勤務。結婚歴はなく、独り身やった」(知人)

留与容疑者に転機が訪れたのは、15年ほど前のことだ。06年9月、父が死去すると、4人いるきょうだいの長男である留与容疑者は実家の土地を相続。妹夫婦が暮らす実家に出戻ったのは、約1年前のことだった。

奇妙な共同生活はやがて…

「火災翌日の(20日)朝6時半頃、亡くなった兄弟の両親は跡形もなくなった家を呆然と見上げ、用意された簡易椅子に座ってコーヒーをすすりながら暖をとっていました。そのとき、旦那さんは留与さんについて『コロナ禍で仕事もなくなり、体調も悪いというので、大阪から連れて帰ってきたんや』なんて言うてました」

だが、奇妙な共同生活は、まもなく破綻を迎える。留与容疑者は妹夫婦に対し、身勝手な“願望”を口にするようになったという。

「財産も金も譲る。この土地も譲るから、生活保護を受けて生きていきたい」

無気力な感情を吐露する一方、妹夫婦とは日常的にほとんどコミュニケーションがなかったという。捜査関係者が次のように話す。

「(留与容疑者は)みずからの将来を悲観した挙げ句、人生そのものをリセットしたかったのではないか。妹一家への嫉妬心と居場所のなさが犯行の引き金になった可能性があるが、無垢な子供たちを巻き込む理由にはならない。生活保護を受けるために放火したとしたら、あまりに短絡的です」

手を繋ぎながら通学していた仲良し兄弟の笑顔が戻ることは、もう二度とない。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2021年12月2日号)

「週刊文春」編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加