室龍太が福田悠太に嫉妬!?“手応えバッチリ”の「ボーイング・ボーイング」幕開け

室龍太が福田悠太に嫉妬!?“手応えバッチリ”の「ボーイング・ボーイング」幕開け

  • ステージナタリー
  • 更新日:2022/05/14

福田悠太ふぉ~ゆ~)が主演を務める「ボーイング・ボーイング」が、本日5月14日に東京・自由劇場で開幕した。

No image

「ボーイング・ボーイング」より。(c)木村直軌

すべての画像を見る(全7件)

No image

フランスの劇作家マルク・カモレッティによる「ボーイング・ボーイング」は、1960年にフランス・パリで初演された名作コメディ。2008年度のトニー賞では、リバイバル演劇作品賞と主演男優賞を受賞した。

No image
No image

三枝孝臣が演出する今回の上演版では、“非モテ男”のロベール役を福田、“モテ男”のベルナール役を室龍太が演じる。そのほかのキャストには、アメリカ人キャビンアテンダント・ジャネット役の大友花恋、フランス人キャビンアテンダント・ジャクリーン役の飯窪春菜、ドイツ人キャビンアテンダント・ジュディス役の愛加あゆ、家政婦・ベルタ役の松本明子が名を連ねた。

No image

初日終了後、福田、室、松本が囲み取材に出席。福田が「ウケました! こんなにウケちゃって大丈夫なのかっていうくらい。手応えバッチリでございます」と語ると、室は「関西人のさがなんでしょうね。舞台で福ちゃんさん(福田)が笑いを取っていると、妙に悔しい気持ちになりました」と冗談交じりに心の内を明かす。松本は「福田さん、室さんは舞台の天才です。そして3人のCA役の彼女たちも。皆さんに囲まれて本当に幸せな空間です」と思いを述べた。

上演時間は休憩ありの約2時間20分。東京公演は5月29日まで行われ、その後、6月3日から5日まで京都・京都劇場で上演される。

「ボーイング・ボーイング」

2022年5月14日(土)~29日(日)
東京都 自由劇場

2022年6月3日(金)~5日(日)
京都府 京都劇場

作:マルク・カモレッティ
上演台本:可児理華
演出:三枝孝臣
出演:福田悠太(ふぉ~ゆ~) / 室龍太 / 大友花恋、飯窪春菜、愛加あゆ / 松本明子

ステージナタリー

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加