労災認定の新基準、運用はじまる 「過労死ライン」以外も重視

労災認定の新基準、運用はじまる 「過労死ライン」以外も重視

  • 朝日新聞デジタル
  • 更新日:2021/09/15
No image

"厚生労働省=東京・霞が関"

雇われる働き手が脳・心臓疾患を発症した場合の労災認定基準が20年ぶりに見直され、労働基準監督署で15日から運用が始まった。労基署が労災かを判断する際、残業時間の「過労死ライン」に比重を置きすぎるとの指摘を踏まえ、それ以外の要因でも柔軟に認定できることを明確にした。

(取材考記)過労死ライン下がらずとも、新基準は明示 労災認定、働き方に合う柔軟さ必要 山本恭介

過労死ラインは労災認定の際、長時間労働が発症の原因といえるかを判断する目安だ。発症前2~6カ月の月平均で残業が80時間、または発症前1カ月で100時間を超えた場合、関連性が強いと判断される。

新しい基準は、過労死ラインに近ければ、他の要因も勘案しながら総合的に労災認定できると明記した。他の要因とは、終業から次の始業までの休息が11時間未満だったり、身体的負荷、連続勤務といった労働時間以外の要因が認められたりした場合などとした。

脳・心臓疾患の労災認定率は近年低下傾向にある。残業が月80時間未満で労災認定されたケースは2020年度では認定された案件の1割にも満たず、過労死ラインが機械的に運用されているとの指摘が過労死遺族らからあがっていた。(山本恭介)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加