田中圭、主演映画“再延期”で公開直前も不安視「岡田准一くんと公開日が重なる...」<ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~>

田中圭、主演映画“再延期”で公開直前も不安視「岡田准一くんと公開日が重なる...」<ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~>

  • モデルプレス
  • 更新日:2021/06/09

【モデルプレス=2021/06/09】俳優の田中圭が9日、都内で行われた主演映画『ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~』(6月18日公開)の公開直前イベントに登壇した。

No image

(写真 : 映画が無事公開されるのか最後まで不安視していた田中圭(C)モデルプレス)

【写真】「おっさんずラブ」田中圭、号泣クランクアップ

◆田中圭、主演映画“再延期”で公開直前も不安

同作は、“1998年の長野オリンピック、日本中が歓喜に沸いたスキージャンプ団体、大逆転の金メダル”この栄光を陰で支えた25人のテストジャンパーたちの知られざる感動秘話を映画化した話題の作品。4人の代表選手と25人のテストジャンパーたち、それを支える家族や関係者たちの想いが込められた、心を打たれる感動のヒューマンドラマ。

当初は2020年6月公開予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で今年5月7日に公開が延期。その後も緊急事態宣言と重なり6月18日に“再延期”となった。

田中は「この作品は2度公開が延期になってしまったので、6月18日に公開が決まったことにまずホッとしています。ホッとしてるんですけど、まだどこかで『もう1回延期になんじゃねぇかな…?』と思うくらいいろいろあった」と首を傾げながら不安視。

さらに「ネックなのが6月18日が、岡田准一くんの『ザ・ファブル』と公開日が重なるっていう…(笑)」と映画『図書館戦争』シリーズで共演し親交のある岡田の名をあげて笑いを誘うも、「僕たちの手元から離れていかないこともなかなかない。自分たちの手元にずーっとあるので、離すのも嬉し寂し。アクションでスカッとしたものを観たい時は『ザ・ファブル』を観ていただいて、感動したいなとかやる気出ないな、パワー欲しいなっていう時は『ヒノマルソウル』を観ていただいて、私も頑張ろうという気になってくれたら嬉しい」と呼びかけ、「あと10日後?果たして無事に公開できるのか。ドキドキしながら、大事に、いいこいいこしながら待っていようかなと思います」とコメントした。

なお、この日は田中ひとりのイベントとなったが、共演の古田新太も電話出演で登場。「タナカノソウル~舞台裏を語り尽くします!!~」と題し、“ソウル”にまつわる質問や、会場に集まったファンからの質問に答える企画も行われた。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加