トヨタが「GRMNヤリス」や「GR」のコンセプトモデルをサプライズ発表【東京オートサロン2022】

トヨタが「GRMNヤリス」や「GR」のコンセプトモデルをサプライズ発表【東京オートサロン2022】

  • webCG
  • 更新日:2022/01/14
No image

この記事の画像を見る

トヨタ自動車は2022年1月14日、東京オートサロン2022(開催期間:1月16日まで)のTOYOTA GAZOO Racingブースにおいて「GRMNヤリス」「GR GT3コンセプト」「bZ4X GRスポーツ コンセプト」に加え、レクサスの「NX PHEVオフロード コンセプト」「ROVコンセプト」を発表した。

オンラインで行われたプレスカンファレンスにはトヨタの豊田章男社長とTOYOTA GAZOO Racingの佐藤恒治プレジデントの2人が登場。東京オートサロン2022におけるTOYOTA GAZOO Racingの出展内容と今年一年の展望について、リラックスした雰囲気で語り合った。

まず世界初公開となったのは「GRヤリス」のフルチューンモデルであるGRMNヤリス。500台の限定モデルとして同年夏ごろの発売を予定していることがアナウンスされた。

豊田社長ならびに佐藤氏によれば、当初はこのGRMNヤリスをつくる計画はなかったという。しかし、サーキットを起点とするTOYOTA GAZOO Racingの新しいクルマづくりにおいて「つくり、壊れ、直し、強くする」という一連の流れを行っていくなかで従来型のGRヤリスが結果として“育ち”、今回世界初公開されたフルチューンモデルを「出そうじゃないか!」という機運につながったと説明した。

GRMNヤリスはモータースポーツ参戦からの学びを生かし、ボディー剛性強化や約20kgの軽量化、最低地上高10mm低下による低重心化、全幅10mm拡大による空力改善を実現したほか、前述の「壊しては直す」を繰り返しながら性能向上させた機械式LSDやクロスギアレシオトランスミッションとローファイナルギアのセットを採用。また、プロドライバーによる走り込みによって制動力やグリップ、コーナリング性能や路面追従性も向上させ、より安心して速く走れるクルマに進化したという。

同車は、1月14日よりTOYOTA GAZOO Racing ウェブサイトにて予約抽選の受け付けを開始。ベースグレードのほか、スーパー耐久シリーズ参戦の知見をフィードバックしオンロード性能を突き詰めた“サーキットパッケージ”と、ベースグレードに追加可能な販売店装着オプションとして、全日本ラリー選手権参戦のノウハウを生かしあらゆる路面での走破性を高めるパーツを集めた“ラリーパッケージ”が用意されている。

TOYOTA GAZOO Racingのもうひとつの世界初公開モデルは「GR GT3コンセプト」。これはカスタマー参加型モータースポーツにおけるトップカテゴリーである「GT3」参戦のための競技専用車両で、今回発表された車両には「コンセプト」という名称は付いているものの、形だけを整えたいわゆるショー限定モデルではなく、GT3カテゴリーのレギュレーションに完全に準拠しながら開発が進められているという実戦的な一台である。

ちなみに開発スタート時の豊田章男社長からの指示は「勝てるクルマをつくれ」というシンプルなひと言。それを受け、シミュレーターを用いたソフトウエア設計段階からレーシングドライバーたちが開発に深く関与し、「本当に勝てるマシン」を目指した開発が続いている。2022年の年末には試作車が完成する予定だという。

また同ブースでは、BEV専用車「bZ4X」をベースに環境性能と走る楽しさの両立を実現したbZ4X GRスポーツ コンセプトに加えて、レクサスブランドのNX PHEVオフロードコンセプトやROVコンセプトが初披露されたほか、レクサスがサポートする「LEXUS/PATHFINDER AIR RACING」チームのエアレース参戦機体「Zivko Edge 540 V3」の3分の1スケールモデルなどが展示された。

オンラインイベントで豊田章男社長が繰り返していたのは「トヨタはすべての選択肢において一生懸命である」ということ。BEVにおいてもガソリン車においても、そして競技専用車両においても、トヨタは今年も本気で「クルマが好きなすべての人たち」に積極的に近づいていくつもりだという姿勢が強くアピールされた、プレスカンファレンスであった。

(文=谷津正行/写真=webCG)

東京オートサロン2022の記事一覧はこちら

この記事の画像を見る

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加