[プリンスリーグ関西]湘南内定FW鈴木先制点の2位・阪南大高とDF藤嶋2発の東海大仰星が勝ち点3獲得:第10節

  • ゲキサカ
  • 更新日:2021/09/15

高円宮杯JFA U-18サッカープリンスリーグ2021 関西は15日、第10節の2試合を行った。

2位・阪南大高(大阪)は前半に得点ランキング首位の湘南内定FW鈴木章斗とFW辻翔真がゴールを奪うなど、大阪産大附高(大阪)に4-1で快勝。首位・履正社高(大阪)との勝ち点差を2としている。

東海大大阪仰星高(大阪)は初芝橋本高(和歌山)の1年生FW朝野夏輝に先制点を許したものの、DF藤嶋凌久の2ゴールによって2-1で逆転勝ちしている。

【第10節】
(8月28日)
[YANAGI FIELD]
京都橘高0-4履正社高
[履]山中大輝(3分)、廣野大河2(41、62分)、藤中碧(79分)

[J-GREEN堺 S5]
興國高0-0大阪桐蔭高

(9月15日)
[J-GREEN堺 S7]
大阪産大附高1-4阪南大高
[大]三政響希(45分)
[阪]鈴木章斗(19分)、辻翔真(26分)、松本楓悟(50分)、保田成琉(59分)

[J-GREEN堺 S6]
初芝橋本高1-2東海大大阪仰星高
[初]朝野夏輝(18分)
[東]藤嶋凌久2(20、72分)

(9月22日)
[J-GREEN堺天然芝]
三田学園高14:30金光大阪高

※日程はJFA参照

▼関連リンク
●高円宮杯プリンスリーグ2021特集

Gekisaka

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加