新庄ビッグボスの「育成手腕」は本物か 開幕から低迷も...若手台頭で「チームの未来は明るい」

新庄ビッグボスの「育成手腕」は本物か 開幕から低迷も...若手台頭で「チームの未来は明るい」

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2022/05/14

「BIGBOSS」こと新庄剛志監督が就任した日本ハムが最下位に低迷している。

No image

開幕10試合で1勝9敗とスタートダッシュに失敗すると、その後も低空飛行が続く。上昇気流になかなか乗れないが、日本ハムを取材しているスポーツ紙記者は違った見方を示す。

野手では松本剛が大ブレーク

「今年は戦力的に厳しいことは覚悟していました。栗山(英樹前)監督の長期政権で若返りがうまくいかず、近年は低迷していた。今年はミスにも目をつぶりながら若手を起用しなければいけない。その中で清宮幸太郎、今川優馬、万波中正が自慢の長打でアピールし、伸び悩んでいたプロ11年目の松本剛も大ブレークの活躍を見せている。投手陣も吉田輝星が先発から救援に配置転換されて好投を続け、守護神に抜擢されたドラフト7位右腕・北山亘基も安定感がある。新庄監督は投手の継投策で疑問符がつく采配が見られますが、育成手腕はあると思います。チームの未来は明るいのではないでしょうか」

不動の4番を務めていた中田翔(巨人)が昨年のシーズン途中にチームメートへの暴力事件を起こし、巨人に電撃トレード。昨オフは球団が西川遥輝(楽天)、大田泰示(DeNA)、秋吉亮(独立リーグ・福井)と主力選手たちに来季契約を提示せず、「ノンテンダー」でチームを去った。

リリーフで覚醒した吉田輝星

1軍の実績が少ない選手たちで戦わなければいけない。苦戦は必至だったが、昨季1軍出場なしに終わった清宮、「執念先輩」の愛称で知られる今川、万波がその長打力をアピールしている。

確実性は上げていかなければいけないが、ツボにはまった時の飛距離は大きな魅力を感じさせる。そして、大活躍を見せているのが松本だ。潜在能力の高さは折り紙付きだったが、度重なる故障でレギュラーをつかめなかった。同期入団の近藤健介と共にチームを引っ張る存在として期待される。

投手陣も吉田が救援で1軍に定着し、北山も守護神として十分に合格点をつけられる投球を見せている。

もちろん、真価が問われるのはこれからだ。シーズンは4分の1を終えたばかりで、ここから本当の戦いが始まる。何人の若手たちが壁を乗り越えてポジションをつかむか。ビッグボスもスター選手の誕生を心待ちにしている。

(中町顕吾)

高ーーく上がって2打席連発!!
北海道日本ハム #清宮幸太郎 選手のライトスタンドへの第4号ソロで同点! #lovefighters @FightersPR

?? 清宮選手の過去の活躍動画はこちら https://t.co/sztD1HZzFC pic.twitter.com/Fd3LwnOAtU
— パ・リーグ.com / パーソル パ・リーグTV【公式】 (@PacificleagueTV)
May 5, 2022
from Twitter

J-CASTニュース

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加