【ノア】清宮海斗ら10選手が “コロナ禍” で16日仙台大会を欠場 カードも変更へ

【ノア】清宮海斗ら10選手が “コロナ禍” で16日仙台大会を欠場 カードも変更へ

  • 東スポWeb
  • 更新日:2022/01/14
No image

欠場が決まった清宮海斗(東スポWeb)

ノアは、16日の仙台サンプラザホール大会に出場予定だった10選手が、新型コロナウイルスに感染、あるいは濃厚接触者に認定されたため欠場すると発表した。

欠場するのは小川良成、宮脇純太、清宮海斗、稲村愛輝、岡田欣也、矢野安祟、スペル・クレイジー、タダスケ、稲葉大樹、田中将斗。田中はPCR検査で陰性だったが、体調不良のため欠場となる。これにより対戦カードは変更され全7試合から6試合に変更になったが、メインとセミで予定されていたGHCヘビー級王座戦「王者・中嶋勝彦VS挑戦者・マサ北宮」とGHCタッグ王座戦「王者・武藤敬司、丸藤正道組VS挑戦者組・拳王、征矢学」の2試合は行われる。

欠場について清宮がノアの公式ユーチューブチャンネルにてコメントを発表。「自分を含め、レスラー、スタッフが新型コロナウイルスにより仙台大会を欠場とさせていただきます。仙台大会を楽しみにしていただいたみなさま、本当に申し訳ありません」として、深々と頭を下げた。

さらに「2022年は年始から日本武道館、横浜アリーナと一丸となってやってきて、たくさん注目もしていただいて、自分自身も改めてここからだと思っていたところなので本当に残念です。でも、こんな時だからこそ、支え合って力を合わせて、このコロナ禍を乗り越えていきたいと思います」と力強く話し「僕たち、ノアに力を貸してください。どうぞよろしくお願いします」と呼びかけていた。

東スポWeb

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加