寺脇康文、約14年ぶり「亀山薫」復活に喜びと感謝「相棒1号帰って参ります!」10月放送開始

寺脇康文、約14年ぶり「亀山薫」復活に喜びと感謝「相棒1号帰って参ります!」10月放送開始

  • 日刊スポーツ(エンタメ)
  • 更新日:2022/06/23
No image

寺脇康文(2021年11月撮影)

俳優寺脇康文(60)が23日、自身のインスタグラムを更新。10月スタートのテレビ朝日系人気ドラマシリーズ「相棒」(水曜午後9時)シーズン21に、約14年ぶりに相棒役で出演することが決まったことについて喜びと感謝のコメントをした。

寺脇は「まず初めに、大好きな『相棒』に出演させていただくこと、そして14年ぶりに、僕の分身『亀山薫』を演じる事が出来る機会をいただけることに感謝の気持ちでいっぱいです」と思いを記した。

寺脇は、水谷豊(69)が警視庁特命係の杉下右京役で主演する同シリーズで、水谷とタッグを組む部下、亀山薫として初代相棒役を務めた。単発放送された00年6月から登場し、シーズン7の08年12月まで出演した。今年10月から5代目相棒として同シリーズに帰ってくることになる。

寺脇は「何より役者人生の師匠と言っても過言ではない、水谷豊さん演じる『右京さん』と、また『相棒』として、夢の様な時間を共に出来ることを本当に嬉しく思っております。仮面ライダー1号が帰ってきたように、相棒1号も帰って参ります! 今、流行りの言葉にすると、『シン亀山薫』でございます! 特命係を去って、サルウィンに渡った薫ちゃんが、どうやって戻ってくるのか! 皆さん!楽しみに待っていて下さいね!」とつづった。

「相棒」では今年3月をもって、4代目相棒を務めた反町隆史が卒業。5代目相棒が誰になるのか注目されていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加