放っておいたら減る一方。老後に困らないための「お金の守り方」

放っておいたら減る一方。老後に困らないための「お金の守り方」

  • J-CAST BOOKウォッチ
  • 更新日:2021/09/15
No image

貯金すらまともにできていませんが この先ずっとお金に困らない方法を教えてください!(サンクチュアリ出版)

年々、社会保険料や税金は上がる一方で、手取りとのギャップにむなしさを感じる。年金はあてにできず、老後のお金は「自己責任」とされる今、いやがうえにも将来の生活に不安が募る。少しでも蓄えておきたいが、子育てや親の介護で日々の生活に追われ、投資はおろか「貯金すらまともに把握できていないんですけど」という人も多いのではないだろうか。

No image

2021年9月9日『貯金すらまともにできていませんが この先ずっとお金に困らない方法を教えてください!』(サンクチュアリ出版)が発売された。

本書はYouTubeで人気の税理士・大河内薫さんが手取りを増やせる節税対策から投資までをわかりやすく解説してくれる。若林杏樹さんによる漫画で話が進む。

「老後2000万円」と言われるが、今からそんなお金を確保できるかどうか不安な方も多いだろう。本書でも、両親の老後の資金への不安をどうするかを切り口として話が展開されていく。「貯金するほど、お金は減る」と語る大河内さん。どういうことなのか気になる。

超初心者のための投資・節税基本のキ

本書では、「攻めない。無理しない。」をモットーに、初心者で手持ちが少なくても始められる投資の方法を紹介している。

「利回りとか金利とか、よくわかりません」「投資信託や株式ってなに? 」「証券口座を開くのがむずかしそう」「NISAとiDeCo、どっちから始めればいい」

といった投資に関する基本的な疑問への回答から、

「NISAで増やしたお金が、一生減らない売り方」「iDeCoは、受け取り方でかかる税金が違う」

など、知っておくと得する情報が網羅されている。

さらに、会社員の節税の方法、ふるさと納税の活用術、保険はどこまで必要か、怪しいお金の話に騙されない方法など、身近で気になるお金の話も取り上げられている。

投資と聞くと自信がないし、何から始めたらいいのかわからない。結局いつも「まあいっか」で済ませてしまう、という人に、一からていねいに教えてくれる。「このままじゃいけないとわかってはいるけれど......」というあなたの背中を押してくれる一冊。

■大河内薫さんプロフィール

税理士。株式会社ArtBiz代表取締役。芸術学部卒という税理士として異色の経歴を持ち、芸能・芸術/クリエイターに特化した税理士事務所を経営。また、WEBメディアでの発信を得意とし、税理士として日本最大級のYouTubeチャンネル運営(登録者29万人超)。現在はオンラインサロン「大河内薫マネリテ戦略室」を活動の中心に据えて、お金の教育を義務教育に導入すべく活動中。小学校から大学まで、実際の学校現場で「お金の授業」をしている。著書に『お金のこと何もわからないままフリーランスになっちゃいましたが税金で損しない方法を教えてください』。

※画像提供:サンクチュアリ出版
BOOKウォッチ編集部

BOOKウォッチ編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加