水上バイク危険運転に「懲役刑」 明石・泉市長、条例に罰則の盛り込み目指す

水上バイク危険運転に「懲役刑」 明石・泉市長、条例に罰則の盛り込み目指す

  • 神戸新聞NEXT
  • 更新日:2021/11/25

兵庫県明石市の泉房穂市長は25日、水上バイクの危険行為に対し、懲役刑を含む罰則を盛り込んだ条例策定を目指す意向を明らかにした。市によると、兵庫県迷惑防止条例での懲役刑も可能だが、対象は常習者に限定されているといい、懲役刑適用のハードルを下げることで抑止効果を高める狙い。3月の条例制定を目指す。

No image

明石市の泉房穂市長(資料写真)

泉市長によると、大蔵海岸や林崎松江海岸などに設ける「遊泳者安全区域」での危険行為を想定。条例では3~6カ月を上限とする懲役刑のほか、罰金を科すことも検討する。

同区域をブイで2重に囲み、水上バイクの運転者に明示。市の条例に基づいて兵庫県警や海上保安庁に取り締まりをしてもらうほか、市も沿岸に設けた防犯カメラの映像を提出する。

泉市長は10月、自ら免許を取得した上で水上バイクを運転し、危険性を実感したという。「高額な水上バイクを取得した人に20万円の罰金を科しても、危険運転の抑止効果は小さい」とし、懲役刑を科す狙いを強調した。(長尾亮太)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加