男を悩ますイタリアの至宝「エルメネジルド ゼニア」と「ブルネロ クチネリ」着るならどっち?

男を悩ますイタリアの至宝「エルメネジルド ゼニア」と「ブルネロ クチネリ」着るならどっち?

  • Men's Precious.jp
  • 更新日:2022/01/14

着用したとき、最も素材の質感を味わえるのがニットである。なかでもカシミヤ素材は、とろけるような柔らかさに加え、体を包み込む安心感と暖かさに満たされる。着用する本人を幸せな気持ちにさせる、淡いベージュやグレー、アイボリーといった色彩にモダン・ジェントルマンの品格が宿る。本稿ではブランドの原点を呼び覚ます極上カシミヤの逸品「ブルネロ クチネリ」と、トータルルック展開にあってひときわ輝く「エルメネジルド ゼニア」のカシミヤニットを紹介する。

洗練された風合いとデザインで伊達男を虜にする、際立つイタリアブランドの技

No image

左/ニット¥242,000・シャツ¥99,000( ブルネロ クチネリ ジャパン)右/ニット¥152,900・Tシャツ¥49,500・メガネ/参考商品(ゼニア カスタマーサービス〈エルメネジルド ゼニア〉)

写真左は、すでにトータルコレクション・ブランドとして知られる「ブルネロ クチネリ」だが、発祥はカシミヤニットだった。ゆえに吟味されたカシミヤ素材による、エレガントなニットはブランドの真骨頂である。ふんわりとした風合いを堪能できるだけではなく、Vネックは、シャツとの組み合わせが楽しくなる粋なデザインだ。

写真右はメンズファッションの世界を素材から製品まで、トータルで展開する最強ブランド「エルメネジルド ゼニア」。見逃せないのが、上質なカシミヤを使ったニットコレクション。繊細な天竺編みの優しい風合いで、ニット1 枚の着用でも、ジャケットの下に合わせても似合う。程よいフィット感で正統的な佇まいにも注目を。

※価格はすべて税込です。

<出典>

MEN'S Precious秋冬号「モダン・ジェントルマンを象るAtoZ」

No image

【内容紹介】モダン・ジェントルマンを象るAtoZ/しなやかで優しい男こそが本物のジェントルマンだ!/「その男の名は、ボンド」/もう「エルメス」さえあればいい/男がジャケットを着る時/ニットを極めるなら、やはりカシミア!/「名品時計録」2021など

2021年9月6日発売 ¥1,230(税込)

雑誌『MEN'S Precious』ご購入はこちら

MEN'S Precious2021年秋冬号の詳細はこちら

Precious.jp(プレシャス)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加